Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

時系列予測アプリケーション

本機能の提供について

パブリックプレビュー機能として利用可能な時系列予測アプリケーションサポートはデフォルトではオフになっています。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:アプリケーションビルダーの時系列サポートを有効にする

hoursdaysweeksmonthsquartersまたはyearsを使用する時系列デプロイから予測アプリケーションを作成できるようになりました。初期設定後、現在のアプリケーションページからAIアプリビルダーでアプリケーションを起動します。新しい時系列ウィジェットはデプロイに基づいて自動的に設定されます。使用モードでは、バッチ予測をロードして、予測と実測値の比較、および予測の説明をチャートにします。

時系列アプリケーションを作成する

時系列デプロイから予測アプリケーションを作成するには:

  1. 単一系または複数系列のいずれかの時系列プロジェクトを作成します。

    備考

    カレンダーファイルを追加する場合は、必ずトレーニングデータセットおよび予測ウィンドウのタイムラインにカレンダーイベントを含めてください。

  2. 時系列モデルをデプロイします

  3. デプロイインベントリーで、デプロイを選択し、設定タブに移動します。以下の表を使用して、時系列予測アプリケーションに適切な設定デプロイを設定します。

    設定 説明
    関連付けID 関連付けIDを入力します。これは、精度の高い予測に必要です。
    予測リクエストで関連性IDを要求 オンにすると、バッチ予測で関連付けIDが必要になります。これにより、関連付けIDなしでデータセットをアップロードできなくなり、予測の精度に影響する可能性があります。
    データドリフト追跡を有効化 (必須)オンにすると、データドリフト追跡が有効になります。
    時系列モデルで自動実測値フィードバックを有効にする オンにすると、DataRobotがバッチ予測ファイルで実測値を自動的に指定します。
    実測値 実測値を含むデータセットをアップロードします時系列モデルで自動実測値フィードバックを有効にするが有効化されていない場合、ここに戻って、アプリビルダーで予測を行った後、実測値をアップロードします。
  4. デプロイからアプリケーションを作成します。時系列デプロイで唯一使用可能なテンプレートは予測実行です。

  5. アプリケーション > 現在のアプリケーションに移動し、アプリケーションの横にある開くをクリックします。
  6. DataRobotでサインインし、アクセスを許可します。

アプリビルダーの時系列

アプリビルダーでデプロイされる従来の時系列予測アプリケーションとは異なり、時系列予測アプリケーションのデフォルト設定には、ホームページ、バッチ予測の行の追加ウィジェット、設定済み時系列ウィジェットが含まれます。別の重要な違いは、新しい時系列ウィジェットから特徴量を追加または削除できないことです。プロパティタブでチャート名および線の色を含む外観の変更のみ可能です。

イベントカレンダー

プロジェクト作成中にイベントカレンダーがアップロードされた場合、ウィジェットチャートにイベントを表示するオプションがあります。イベントを表示するには、構築モードに入ります。時系列ウィジェットが選択された状態で、プロパティタブをクリックし、イベントを表示の横のボックスを選択します。

時系列ウィジェット

使用モードでは、バッチ予測をアップロードし、それらの予測からインサイトを使用できます。アプリケーションを使用するには、使用をクリックし、バッチ予測ファイルをデータを追加ウィジェットにアップロードします。

アップロードが完了した後、データ追加ウィジェットの下にある時系列ウィジェットは、予測値と実測値の比較予測の説明チャートに入力します。最初は、予測と実測の比較チャートに1つの予測ラインが緑色で表示されます。

別の予測をアップロードします。バッチジョブが完了すると、チャートに予測、残差、実測値の線が表示されます。

備考

時系列モデルで自動実測値フィードバックを有効にするがデプロイの設定で有効化されていない場合、デプロイに移動し、実測値を含むファイルをアップロードして実測値線を表示する必要があります。

次のオプションを使用してチャートの表示をカスタマイズします。

設定 説明
予測と実測の比較チャート 予測、実測値、およびバッチ予測の残差予測のビジュアライゼーションを表示します。
予測の説明 バッチ予測の予測の説明のビジュアライゼーションを表示します。
データのフィルタリング チャートで予測、残差、実測値の線の表示と非表示を切り替えます。
期間 日、週、月、四半期、または年単位の結果を表示します。
予測ウィンドウ 予測と実測値の比較予測の説明チャートの予測ウィンドウを変更します。

更新しました February 22, 2022
Back to top