Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

特徴量探索デプロイのガバナンスワークフローのサポート

本機能の提供について

パブリックベータ機能として利用可能な特徴量探索デプロイのガバナンスワークフローは、デフォルトではオフになっています。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:特徴量探索でモデルデプロイ向けのグローバル承認ワークフローを有効化、 グローバル承認ワークフローを有効にする、グローバル承認ポリシーの管理を許可、MLOpsを有効化

特徴量探索プロジェクトで、セカンダリーデータセット設定の更新を制御するためのデプロイ承認ワークフローがサポートされるようになりました。承認ワークフローでセカンダリーデータセットを制御する前に、MLOps管理者はユーザー設定 > 承認ポリシーに移動して、「セカンダリーデータセットの設定が変更されました」承認ポリシーのトリガーを設定する必要があります。

トリガーを設定して、セカンダリーデータセットを変更デプロイ > 設定)すると、変更リクエストを作成するよう求めるメッセージが表示されます。

変更リクエストの作成者の場合は、デプロイ > 概要の上部に保留中の変更通知が表示され、そのステータスが履歴に一覧表示されます。

変更リクエストのレビュー担当者の場合は、デプロイ > 概要の上部に保留中の変更通知が表示され、レビューを追加オプションが表示されます。


更新しました February 22, 2022
Back to top