Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

デプロイ分析をリセットする

本機能の提供について

デプロイ分析のリセットはデフォルトでは無効化されます。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:デプロイ統計をリセットする機能を有効にする

デプロイ精度エラー率データドリフトなど、モデルのさまざまな統計を収集します。 例えば、本番用にアップロードするデータと似たデータで予測がうまく機能するかどうかを確認するために、本番ワークロードを実行する前に、デプロイしたモデルを設定してテストできます。DataRobotはデプロイをテストした後、ログされた分析をリセットできるため、デプロイを再作成することなくライブデータからテストデータを分離して、ゼロから開始できます。

統計をリセットする

インベントリから統計をリセットするデプロイを選択します。アクションメニューをクリックして統計をクリアを選択します。

デプロイ統計をクリアウィンドウのフィールドに記入して、リセットのパラメーターを設定します。

フィールド 説明
クリアするモデルバージョン 統計をクリアするモデルバージョンを選択します。モデルを交換していない場合、(元のデプロイ済みモデル)から選択するオプションしかありません。
クリアするデータ範囲 与えられたモデルバージョンから履歴全体をクリアするか、統計を消去する日付範囲を指定するかを選択します。
クリアする理由 オプション。統計がリセットされた理由について説明します。
クリアを確認 選択されたデプロイから分析を削除することを確認するトグルを選択します。

備考

組織がデプロイ承認ワークフローを有効化している場合、監視データをデプロイから削除する前に承認する必要があります。

フィールドを完全に設定した後、統計をクリアをクリックします。DataRobotは、デプロイから指示された時間範囲の監視データを削除します。


更新しました February 22, 2022
Back to top