Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

データレジストリ

データを追加モーダルを開くと、デフォルトではデータレジストリが表示されます。これはデータセットの中心的なカタログであり、AIカタログ内で現在アクセスできるすべての静的データセットとスナップショットデータセットが表示されます。これには、 ローカルファイルからアップロードされたデータセットや、ワークベンチの データ接続が含まれます。 この方法でデータを追加するのは、データセットがすでにモデリングに使用できる場合に適しています。

レジストリからデータセットを追加すると、ユースケースからそのデータセットのソースへのリンクが作成されます。つまり、データセットはユースケースと1対多の関係を持つことができるので、データセットを削除すると、リンクだけが削除されます。データセットから作成されたエクスペリメントは影響を受けません。

その他の重要情報については、関連する 注意事項を参照してください。

データセット追加

DataRobotに登録済みの静的データセットまたはスナップショットデータセットを追加できます。

パブリックプレビュー

ワークベンチでの動的データセットのサポートは、デフォルトではオンになっています。

この機能が有効になっている場合:

  • データ接続を介して追加されたデータセットは、データレジストリとユースケースに動的データセットとして登録されます。
  • 接続を介して追加された動的データセットは、データレジストリで選択できます。
  • DataRobotは、動的データセットの探索的データインサイトを表示するときに、新しいライブサンプルを取得します。

機能フラグ: ワークベンチで動的データセットを有効にする

データセットを追加するには:

  1. データレジストリで、表示するデータセットの左側にあるボックスを選択します。

  2. (オプション)プレビューをクリックして、データセットがユースケースの目的に適しているかどうかを判断するために、 データセットをプレビューします。

  3. 右上隅のユースケースに追加をクリックします。

    ワークベンチは、ユースケースのデータセットタブを開きます。

データセットをプレビュー

スナップショットプレビューを表示すると、データセットがユースケースに適したものであることを追加する前に確認できます。

データセットをプレビューするには:

  1. データレジストリで、表示するデータセットの左側にあるボックスを選択し、右上隅のプレビューをクリックします。

  2. 特徴量ボタンおよびデータプレビューボタンを使用してデータセットを分析します。

    データセット内の各特徴量の特徴量名、タイプ、一意の値の数、および欠損値の数を一覧表示します。

    元のデータテーブルのランダムサンプル(最大1MB)を表示します。

  3. データセットがユースケースに適しているかどうかを判断してから、次のいずれかを実行します。

    • ユースケースに追加をクリックして、データセットをユースケースに追加します。
    • データセット名の下にあるブレッドクラムでデータレジストリをクリックして、データレジストリに戻ります。

次のステップ

ここから、次のことができます。

続けて読む

このページで説明されているトピックの詳細については、以下を参照してください。


更新しました September 28, 2023