Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

データのラングリング

ビデオ:データラングリング

DataRobotのラングリング機能により、モデリング用のデータへのアクセスと変換をシームレスでスケーラブル、かつセキュアな方法で行うことができます。 ワークベンチでは、「ラングリング」はソースでデータクリーニングを実行し、データソースの計算環境と分散アーキテクチャを活用するための視覚的なインターフェイスです。

ラングリングをクリックすると、DataRobotは10000行の均一なランダムサンプルを取得し、そのサンプルについて探索的データインサイトを計算します。これはすべてデータソースに接続している間に行われます。 次に、データセット全体に適用する操作のレシピを作成します。変換は最初にライブサンプルに適用され、正しく行われているかを確認します。 レシピは、パブリッシュできる状態になるとデータソースにプッシュダウンされ、そこで実行されて出力データセットがマテリアライズされます。

DataRobotでデータをラングリングする理由

  • ワークベンチに完全に統合 適切なデータセットを見つけて、変換を適用し、データセットに対する変換の影響を、リアルタイムで1か所で確認できます。
  • プッシュダウン クラウドデータウェアハウスやレイクのスケールを活用できます。
  • セキュア データ移動が制限されるため、結果の迅速化、パフォーマンスの向上、およびセキュリティの強化につながります。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

トピック 内容...
レシピの構築 データソースから移動せずにモデリング用のデータをインタラクティブに準備するためのレシピを構築します。
レシピのパブリッシュ データソースに変換をプッシュダウンし、出力データセットを生成するためのレシピをパブリッシュします。

更新しました January 23, 2024
Back to top