Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデルの追加/再トレーニング

エクスペリメントに新たなモデルを追加する方法は3つあります。

このページでは、 ランダムまたは層化抽出でのパーティション分割エクスペリメントの追加と再トレーニングについて説明します。 日付/時刻でパーティション分割されたエクスペリメントを追加または再トレーニングするには、時間認識モデリングのセクションを参照してください。

モデリングを再実行

Use the Rerun icon to rerun Autopilot with a different feature list, a different modeling mode, or additional automation settings (for example, GPU support) applied. すでに実行された特徴量セットを選択した場合、ワークベンチでは削除されたモデルが置換されることになるか、または何も変更されません。

新しい設定でのトレーニング

リーダーボードにデータが入力されたら、既存のモデルを再トレーニングして新しいリーダーボードモデルを作成できます。 再トレーニングするには、リーダーボードからモデルをクリックして選択します。

トレーニング設定のコンポーネントの横にある変更アイコン()をクリックして、モデル特性を変更します。

特徴量セットの変更(モデリング後)

特徴量セットを変更するには:

現在の特徴量セットの横にあるアイコンをクリックして、結果のモーダルで新しい特徴量セットを選択します。 現在のセットはグレーアウトされ、選択できません。 デプロイの準備済みモデルの特徴量セットは、 「フローズン」実行であるため変更できません。

サンプルサイズの変更

サンプルサイズを変更するには:

報告されたサンプルサイズの横にあるアイコンをクリックして、結果のモーダルに新しい値を入力します。 新しいサンプルサイズを特定のポイント(データセットのサイズによって決定)を超えて設定すると、フローズン実行が強制されることに注意してください。 フローズン実行なしで大きいデータセットのサンプルサイズを増やすには、 ブループリントリポジトリから新しいモデルを作成します。 フローズン実行を手動で強制することもできます。

設定したら、新しいモデルのトレーニングをクリックします。

単調特徴量セットの変更

単調モデリングに適用される特徴量セットを変更するには:

単調制約の横にあるアイコンをクリックして、結果のモーダルで少なくとも1つの新しい特徴量セットを選択します。 モデリングの前に単調制約の適用に使用する 特徴量セットを作成する必要があります。 モデルが単調制約をサポートしていない場合、ラベルとアイコンは表示されません。

ブループリントリポジトリ

ブループリント リポジトリは、選択したエクスペリメントで使用できるモデリングブループリントのライブラリです。 ブループリントは、モデル自体ではなく、モデルの構築に使用されるタスクを示します。 リポジトリにリスト済みのモデルブループリントは、まだ構築されているとは限りませんが、エクスペリメントのデータおよび設定と互換性のあるタイプである可能性があります。

ブループリントリポジトリにアクセスするには、以下の2つの方法があります。

モデルを追加

リポジトリに入ったら、1つまたは複数のブループリントをエクスペリメントに追加できます。 ブループリント名の下のバッジに注意してください。これは、特殊なモデリングフローのサポートを示す場合があります。 たとえば、MONOバッジは単調制約をサポートするブループリントを識別します。

  1. ブループリント名をクリックすると、そのブループリントを構成するタスクが グラフィカルに表示されます。 ブループリント名の左側にあるボックスを選択して、ブループリントを選択します。

  2. 選択したすべてのブループリントに適用する 特徴量セットおよび サンプルサイズを設定します。

  3. 設定完了後、モデルのトレーニングをクリックして構築を開始します。

モデルを検索

There are three ways to filter the repository display to show only those blueprints matching the selected criteria.

  • 検索バーを使用して、名前または説明に一致する文字列を含むすべてのブループリントを返します。

  • バッジをクリックすると、そのバッジを含む以下のすべてのブループリントが返されます。

    バッジを再度クリックすると、フィルターとして削除されます。

  • モデルファミリーおよび/またはプロパティでブループリントを選択するには、フィルターを編集を使用します。 使用可能なフィールドとそのフィールドの設定は、プロジェクトやモデルタイプによって異なります。


更新しました February 8, 2024
Back to top