Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ユースケースリファレンス

ワークベンチとDataRobot Classicの間は、どのように移動しますか?

ワークベンチとDataRobot Classicは、簡単に切り替えることができます。 アプリケーションの上部ナビゲーションバーからワークベンチにアクセスします。

DataRobot Classicに戻るには、上部ナビゲーションバーのドロップダウンで特定の項目を選択します。

DataRobot Classicでユースケースを使用できますか?

ワークベンチでエクスペリメントを作成する場合、 プロジェクト管理センターからDataRobot Classicでエクスペリメントにアクセスできます。 ワークベンチで作成されたClassicからエクスペリメントを選択すると、データセット名の上にユースケース名が表示され、ワークベンチで使用できることがわかります。

ユースケースは単なるフォルダーですか?

いいえ、それ以上です。 ユースケースは、組織化され、権限管理メカニズムを提供し、チームが相互にコメントし、レビューできるコラボレーションスペースです。 ユースケースでは、機械学習プロジェクトが実際のビジネス価値をもたらすことを確認します。

DataRobot Classicのプロジェクトは、ワークベンチで使用できますか?

元々Classicで作成されたプロジェクトは、現在ワークベンチでは使用できません。 DataRobot Classicのすべての高度な機能が使用可能になると、ワークベンチに移行できるようになります。

ワークベンチではどのような種類のエクスペリメントがサポートされていますか?

現時点で、ワークベンチでは、二値分類プロジェクトおよび連続値のプロジェクトのみがサポートされています。 開発が進行中であるため、サポートされている機能の完全なリストについては、リリースノートを参照してください。

DataRobot Classicにはない、ワークベンチの機能にはどんなものがありますか?

ワークベンチは、ネイティブのデータ準備を含む合理化されたワークフローと、プロジェクトを整理、比較、共有するためのユースケースを提供します。 1つのページから(同じユースケース内で)さまざまなエクスペリメントのモデルを比較する機能が間もなく追加される予定です。

ワークベンチは、コードファーストのユーザーでも使用できますか?

他のDataRobot製品と同様に、ワークベンチのパイプラインはPython APIで完全にサポートされています。 Python IDEまたはノートブックで作成できますが、DataRobot独自のノートブックソリューションではさらにシームレスなエクスペリエンスが提供されます。 ノートブックの統合は、コードファーストアプローチでデータおよびモデリングを準備する方法を提供し、これらの機能はGUIで利用可能なものと同じです。


更新しました August 16, 2023
Back to top