Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

LLMブループリントの比較

LLMブループリントの比較

プレイグラウンドの比較タブでは、LLMブループリントを並べて比較できます。 ドラフトを比較することはできません。比較するには、最初にドラフトをLLMブループリントとして保存する必要があります。

比較を使用するには:

  1. プレイグラウンドに2つ以上のLLMブループリントを作成します。
  2. 比較タブを選択し、比較のために最大3つのLLMブループリントを選択します。
  3. プロンプトを送信します。 各ブループリントはプロンプトとレスポンスを受信し、レスポンスを比較できます。

複数のLLMブループリントを比較するシンプルな例を以下に示します。

比較用のブループリントを構築

このセクションでは、特に比較目的でブループリントを構築する方法について説明します。 必要に応じて、 ブループリントの構築の基礎を参照してください。 システムプロンプトに関するメモも参照してください。

次の例では、それぞれ異なるレスポンススタイルを使用して、3つのLLMブループリントを構築します。 それぞれが、このプロンプトを使用します:Describe the TV show Game of Thrones

  1. システムプロンプトAnswer using emojisを入力します。

  2. システムプロンプトAnswer in the style of a news headlineを入力します。

  3. システムプロンプトAnswer as a haikuを入力します。

LLMブループリントの比較

備考

LLMブループリントとのチャットとは異なり、比較プロンプトは履歴に対応していません。

LLMブループリントを構築する場合:

  1. 比較を選択し、比較するブループリントの横にあるボックスにチェックを入れます。

  2. プロンプト(Describe DataRobot)を送信します。 各LLMブループリントは、設定されたスタイルで応答します。

  3. さまざまなプロンプト(たとえばDescribe a fish taco)を試して、ビジネスユースケースに最適なLLMを特定します。

  4. 情報タブを選択すると、各ブループリントの設定情報が表示されます。

比較ブループリントの変更

一度に比較できる最大数は3ですが、ブループリントはいつでも比較のために追加できます。 LLMブループリントを追加するには、その名前の左側にあるチェックボックスを選択します。 すでに3つ選択されている場合は、最初に現在の選択を削除します。

比較タブは、比較履歴を取得します。 新しいLLMブループリントのレスポンスは返されていないため、DataRobotには、そのアクションを開始するボタンがあります。 生成をクリックして、新しい結果を含めます。

システムプロンプトの検討

システムプロンプトの完全な遵守は保証されていないため、その言い回しは非常に重要です。 たとえば、プロンプトAnswer using emojis(EmojiGPT)とAnswer using only emojis(OnlyEmojiGPT)を使用した比較を考えてみます。


更新しました February 6, 2024
Back to top