Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

プレイグラウンドの概要

ユースケースのアセットであるプレイグラウンドは、LLMブループリントを作成して操作するためのスペースです。 LLM blueprints represent the full context for what is needed to generate a response from an LLM, captured in the LLM blueprint settings. Within the playground you compare LLM blueprint responses to determine which blueprint to use in production for solving a business problem.

ベクターデータベースの有無にかかわらず、プレイグラウンドを使用できます。 1つのユースケースに複数のプレイグラウンドを存在させることができます。また、1つのプレイグラウンド内に複数のLLMブループリントを存在させることができます。

The suggested, simplified workflow for working with playgrounds is as follows:

  1. プレイグラウンドを追加します
  2. Set the LLM blueprint configuration, including the base LLM, prompting settings, and optionally, an associated vector database.
  3. Chat to test and tune the LLM blueprint; view the tracing.
  4. 追加のLLMブループリントを構築します
  5. Compare LLM blueprints side-by-side.
  6. Add datasets and metrics to the LLM blueprint to help evaluate responses.

プレイグラウンドの追加

プレイグラウンドを追加するには、最初に ユースケースを作成し、次のいずれかを実行します。

  • プレイグラウンドを追加ボタンをクリックしてください。
  • プレイグラウンドタブを選択し、プレイグラウンドを追加ボタンをクリックします。 このボタンは、ユースケースに追加された最初のプレイグラウンドでのみ使用できます。それに続くプレイグラウンドにはプレイグラウンドを追加ドロップダウンを使用します。

When you create a playground, the playground opens with two options for creating and configuring an LLM blueprint. プレイグラウンドから、LLMブループリントのドラフトの作成、それらの操作とファインチューニング、そして比較と潜在的な将来のデプロイのためにそれらを保存するための、すべてのコントロールにアクセスできます。

備考

デフォルトでは、プレイグラウンドの名前はPlayground <timestamp>です。 アクションメニューでプレイグラウンドの情報を編集を選択して、ユースケースディレクトリから名前を変更できます

Elements of a playground

プレイグラウンドには、特定のコンポーネントに移動するための基本的なナビゲーションコントロールがあります。

そして、主な作業領域は3つあります。

プレイグラウンドを作成した後、ブレッドクラムドロップダウンを使用してそれらを切り替えることができます。

On the far left, click the icons to access navigation components:

  コンポーネント 説明
比較パネル Select LLM blueprints to compare and view chat history.
プレイグラウンド情報 プレイグラウンドのサマリー情報を表示するページ。
LLMの評価* Configure evaluation and moderation guardrails for LLM blueprints in a playground.
トレース* LLMブループリントとのチャットを開始するプロンプトを受け付けます。エントリーをアクティブにする前に、設定を保存する必要があります。

* LLMの評価が有効な場合のみ使用できます。

プレイグラウンド情報

The Playground information tab provides basic metadata about the creator, creation and last modification dates, and number of LLM blueprints. Two tabs provide additional information:

  • The Vector databases tab lists each unique VDB used in the playground. Regardless of how many LLM blueprint configurations a VDB is used in, the listing displays a single entry.

    For each entry, metadata reports the settings used in the VDB's configuration.

  • The Deployed LLMs tab lists each deployed LLM that is part of at least one LLM blueprint configuration in the playground. Regardless of how many LLM blueprint configurations a deployed LLM is used in, the listing displays a single entry.

    For each entry, metadata reports creation information, deployment name, and the prompt and response column names that were defined when assigning a deployed LLM to the blueprint.

Playground information page tools

Use the Edit playground info button to change the name of a playground and optionally, add a description. When you add a description, it displays under the playground name at the top of the Playground information page.

Click the Actions menu , located to the left of the Edit playground info button, to open a menu and delete the playground. または、ユースケースのアセットリストからプレイグラウンドを削除することもできます。

Use Settings to:

  • Set the columns you want to view by checking or unchecking boxes.
  • Reorder columns using the arrows to the right of the column name.
  • Pin columns so that they appear on far left by clicking the pin icon.


更新しました June 19, 2024