Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

GenAI機能に関する注意事項

DataRobotで生成AI機能を使用する場合は、以下の点に注意してください。 製品の開発が進むにつれ、いくつかの注意事項が変更されることがあります。

トライアルユーザーサポートされているLLMベースモデルを含む、 DataRobotの無料トライアルに固有の注意事項を参照してください。

一般的な注意事項

  • UIでは、APIでサポートされる埋め込みよりもサポートされている埋め込みが少なくなります。

  • 多言語データセットが多言語モデルに関連付けられた制限を超える場合、DataRobotはデフォルトでjinaai/jina-embedding-t-en-v1埋め込みモデルを使用します。

  • UIを介した外部/カスタムベクターデータベースまたはカスタムLLMの追加はサポートされません。

  • LLMを使用する場合、ベンダーのモデルバージョンおよびエンドオブライフ(EOL)スケジュールに注意してください。 ベストプラクティスとして、本番環境にデプロイするときには一般的に使用できるエンドポイントのみを使用してください。

  • プレイグラウンドでの単一LLMブループリントとのチャットは、以前のチャット履歴が考慮される唯一の場所です。 比較プロンプトとプレイグラウンドからデプロイされたカスタムモデルに送信されたプロンプトには、コンテキストとして以前のプロンプト(履歴)は含まれません。

利用可能なLLM

次の表に、利用可能なLLMのタイプを示します。

タイプ USクラスター EUクラスター
Azure OpenAI GPT-4
Azure OpenAI GPT-4 32k
Azure OpenAI GPT-3.5 Turbo 16k
Azure OpenAI GPT-3.5 Turbo*
Google Bison*
Amazon Titan*

* トライアルユーザーがクラスターに応じて使用できます。

プレイグラウンドに関する注意事項

  • プレイグラウンドの共有はサポートされていません。ユースケースで協業する各ユーザーには、各自が作成したプレイグラウンドのみが表示されます。

  • Each user can submit 1000 LLM prompts per day across all LLMs, where deleted prompts and responses are also counted. However, only successful prompt response pairs are counted and bring-your-own (BYO) LLM calls are not part of the count. Limits for trial users are different, as describer here.

ベクターデータベースに関する注意事項

以下のセクションでは、 ベクターデータベースに関連する注意事項について説明します。

サポートされているデータセットタイプ

ベクターデータベースを作成するためにデータセットをアップロードする場合、サポートされている形式はzipのみです。 DataRobotは.zipを処理して、リファレンスID(ファイルパス)列が関連付けられたテキスト列を含む.csvを作成します。 リファレンスID列は、zipがアップロードされると自動的に作成されます。 すべてのファイルは、アーカイブのルート(root)、またはアーカイブ内の単一のフォルダーに配置する必要があります。 フォルダーツリー階層の使用はサポートされていません。

ファイルタイプに関して、DataRobotは以下をサポートします。

  • .txtドキュメント

  • PDFドキュメント

    • テキストベースのPDFがサポートされています。
    • 画像ベースのPDFは完全にはサポートされていません。 したがって、画像は一般的に無視されますが、エラーは発生しません。
    • 画像とテキストコンテンツが混在するドキュメントがサポートされます。テキストのみが解析されます。
    • 画像だけで構成される単一のドキュメントは空のドキュメントになり、無視されます。
    • 画像のみのドキュメント(テキストなし)で構成されるデータセットは処理できません。
  • 単一のデータセット内のPDFと.txtドキュメントの混合がサポートされています。

データセット制限

グローバル1GBデータセット制限は、テキストがドキュメントから抽出された後、ベクターデータベースの作成時に適用されます。 さらなる動的制限を以下に示します。

  • jinaai/jina-embedding-t-en-v1:1 GBまでのグローバル制限でサポートされています
  • sentence-transformers/all-MiniLM-L6-v2:650 MBまでの制限でサポートされています
  • Multilingual-e5-base:250 MBまでの制限でサポートされています
  • E5-base-v2:250 MBまでの制限でサポートされています
  • E5-large-v2:100 MBまでの制限でサポートされています

プレイグラウンドデプロイに関する注意事項

プレイグラウンドからLLMを登録およびデプロイする際は、以下の点に注意してください。

  • DataRobot資格情報管理システムを介したAPIキーの設定がサポートされています。 これらの資格情報は、デプロイの環境変数としてアクセスされます。

  • 登録とデプロイは、以下に対してサポートされています。

    • プレイグラウンド内のすべてのベースLLM

    • ベクターデータベースを使用したLLM

  • ドラフトブループリントでは、登録とデプロイはサポートされて いません

  • 大規模ベクターデータベース(500 MB以上)に関連付けられたLLMブループリントからカスタムモデルバージョンを作成すると、時間がかかる場合があります。 モデルが作成されている間、モデルワークショップを離れることができます。

トライアルユーザーに関する注意事項

以下の注意事項は、DataRobotの無料トライアルユーザーにのみ適用されます。

  • 複数のユースケースにわたって計算された最大15のベクターデータベースを作成できます。 削除されたベクターデータベースはこの計算に含まれます。

  • 300件のLLM API呼び出しを行うことができます。ここでは、削除されたプロンプトとレスポンスもカウントされます。 ただし、正常に完了したプロンプトレスポンスペアのみがカウントされます。

  • “Bring-your-own” LLMとベクターデータベースは使用できません。

利用可能なLLMのセクションも参照してください。


更新しました February 6, 2024
Back to top