Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

JDBCドライバーの管理

Java Database Connectivity(JDBC)ドライバーは、次の方法で管理します。

  • JDBCドライバーの操作
  • Kerberos認証システムのアクセスの制限

本機能の提供について

この機能は、セルフマネージドAIプラットフォームでのみ利用可能です。

必要な権限: 「プロジェクトの削除/復元を許可」

ドライバーを使用すると、JDBCを介してデータベースからデータを取込む方法が提供されます。 管理者は、組織のユーザーがデータ接続を作成するときにアクセスするJDBCドライバーファイル(JARファイル)をアップロードできます。 ドライバー作成の一環として、管理者は、ライブラリ依存ファイルを含む追加のJARファイルをアップロードできます。 アップロードされたドライバーを変更または削除できるのは管理者だけです。

デフォルトでは、ユーザーはデータ接続およびデータソースの作成、変更(ユーザーの役割に基づきます)、共有を行うことができます。 (ユーザーのデータ接続におけるロールについては、詳細情報を参照してください。)必要に応じて、「データベース接続を無効化」のユーザー権限を使用して、特定のユーザーによるデータストアおよびデータソースへのアクセスを防止できます。この設定を行うと、そのユーザーは、新しいJDBCデータ接続を作成することや、(新しいプロジェクトページを使用して)定義済みのJDBCデータソースからデータをインポートすることができなくなります。

また、Kerberos認証を使用するクラスターデプロイの場合、検証および変数置換を介してデータストアへのアクセスを管理できます。

事前定義済みのドライバー設定

選択したJDBCドライバーのデータ接続を作成するとき、データを取得する方法を指定します。 これは、定義されたJDBC URLまたはパラメーターのセットです。 データ接続のJDBC URLの作成は複雑になることがあるので、DataRobotにはパラメーターをサポートするいくつかのサポート対象ドライバーの事前定義済み設定が用意されています。 ドライバー設定は、ユーザーがデータソースからデータを取得するために必要な情報を指定します。

事前定義された各設定には、そのタイプのドライバーを使用する接続を作成するために必要な特定の情報が含まれます。 たとえば、Prestoドライバーへの接続には一般的にカタログとスキーマが必要ですが、Snowflakeドライバーへの接続にはデータベースとウェアハウスが必要になる場合があります。

以下のドライバーには事前定義済み設定を使用できます。

  • AWS Athena
  • Azure SQL
  • Azure Synapse
  • Google BigQuery
  • Intersystems
  • kdb+
  • Microsoft SQL Server
  • MySQL
  • Postgres
  • Presto
  • Redshift
  • SAP HANA
  • Snowflake
  • Treasure Data:Hive

新しいドライバーを追加するときは、事前定義済み設定(そのドライバーの設定が存在する場合)を使用するか、設定を含まないカスタムドライバーを作成することができます。

次の手順はドライバーのインスタンスの作成方法を示します。

ドライバーのアップロード

次の手順はドライバーインスタンスの作成方法を示します。

  1. アプリケーション画面の右上にあるプロファイルアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューからデータ接続を選択します。

  2. Select the Connectors & Drivers tab.

  3. 左側のパネルに表示されるドライバーのリストで + 新しいドライバーを追加をクリックします。

  4. 表示されるダイアログで、このドライバーに使用している設定のタイプを選択します。

    • 事前定義済み—DataRobotで用意されている設定を使用します
    • カスタム—データ接続を作成するときに設定が作成されます
  5. 設定を含む(事前定義済み)ドライバーを追加する場合、プロンプトが表示されたら次のフィールドに入力します。

    フィールド 説明
    設定 作成するドライバーに使用する設定を選択します。 DataRobotでパラメーターがサポートされるいくつかのサポート対象ドライバーの設定を選択できます。 目的の設定がない場合、カスタムドライバーとして作成して、ドライバー名およびドライバークラスを指定します。
    クラス名(事前定義済み) この設定で定義されているドライバークラス名が表示されます。
    バージョン ドライバーのバージョン(ユーザー定義)を入力します。 この値は必須です。 ドライバー名とバージョンの組み合わせがドライバー設定の識別に使用されます。
    ドライバーファイル * + JARアップロードをクリックしてドライバーJARファイルを追加します。 同じ手順で個々の追加ライブラリ依存ファイルをアップロードします。 アップロードが正常に完了すると、このフィールドにJARファイル名が表示されます。
  6. 設定を含まない(カスタム)ドライバーを追加する場合、プロンプトが表示されたら次のフィールドに入力します。

    フィールド 説明
    ドライバー名 ドライバーの表示名を入力します。
    クラス名 ドライバーのクラス名を入力します。 不明な場合は、ドライバーのドキュメントを参照してください。
    ドライバーファイル * + JARアップロードをクリックしてドライバーJARファイルを追加します。 同じ手順で個々の追加ライブラリ依存ファイルをアップロードします。 アップロードが正常に完了すると、このフィールドにJARファイル名が表示されます。

    * JARドライバーおよび依存ファイルのサイズ制限は100MBです。 各ファイルアップロードの最大サイズは100MBですが、合計サイズは、この制限の限りではありません。

    備考

    DataRobotでは、アップロードされたドライバーの(シンプルな拡張子チェック以外の)検証は行われません。

  7. ドライバーを作成をクリックしてドライバーを追加します。 左側のパネルのドライバーリストに新しいドライバーが表示され、組織内のすべてのユーザーがドライバー設定を使用できるようになります。 事前定義済み設定を含むドライバーの名前の形式は、ドライバー名(バージョン)です。

ドライバーの変更

事前定義済み設定を使用するドライバーを変更する場合、変更できるのはドライバー設定のバージョンとJARファイルだけです。 (ドライバー名は選択した設定とバージョンを組み合わせて自動的に作成されます。) また、ドライバーの事前定義の設定を削除すると、カスタム設定でドライバーが作成されます(このドライバーを使用する接続はJDBURLが必要になります)。

カスタム設定を使用するドライバーを変更する場合、ドライバー名、設定、クラス名、またはJARファイルを変更できます。 ドライバーに設定を追加すると、そのドライバーは事前定義済み設定のドライバーになります。 ドライバーの設定を追加する場合、既存のデータ接続のJDBC URLへの影響の有無が自動的に検証されます。 この処理が必要ない場合、URLの検証をスキップできます。

備考

ユーザーが必要に応じてJDBC URLを再作成できるよう、既存のデータ接続のJDBC URLに影響するドライバー設定の変更をユーザーに通知することが推奨されます。

  1. 左側のパネルに表示されるドライバーリストからドライバーを選択します。 ドライバー設定の情報がメインウィンドウに追加されます。

  2. このドライバーに事前定義済み設定がある場合:

    • バージョンを変更できます。
    • 設定を削除できます。 設定を削除すると、ドライバーは設定のないカスタムドライバーになります。
  3. このドライバーにカスタム設定がある場合:

    • ドライバー名またはクラス名を変更できます。
    • (事前定義済み)設定をドライバーに追加できます(+ 設定を追加)。 設定を追加すると、ドライバーは事前定義済み設定のあるドライバーになります。

    ドライバーへの既存の接続およびJDBC URLに影響する新しい設定がある場合、(この変更を適用するには)データ接続の検証をスキップを選択します。 既存のデータ接続のJDBC URLの検証は実行されなくなります。

    次の図に示すように、新しい設定が既存のJDBC URLに影響し、データ接続の検証をスキップが選択されていない場合、ドライバーに設定を追加できません。

  4. いずれかの種類のドライバーに対して、JARファイルを更新をクリックしてJARファイルを置き換えることができます。

  5. 変更を保存をクリックして、このドライバーに変更内容を保存します。 左側のパネルのドライバーリストが更新されます。 このドライバーの既存のデータ接続は、これらの変更で自動的に更新されます。

ドライバーの削除

既存のデータ接続で使用されていない既存のドライバーを削除できます。 使用されている場合は、依存ファイルを最初に削除する必要があります。

  1. 左側のパネルに表示されるドライバーリストでドライバーを選択します。
  2. 右上でドライバーを削除をクリックします。 If there are no existing data connections for the driver, DataRobot prompts for confirmation (if there are existing data connections using the driver, DataRobot provides a warning).
  3. 削除をクリックしてドライバーを削除します。

If you see the connector warning, the dependencies first need to be removed (in the Data Connections tab). その後で、ドライバーを削除できます。

JDBCデータストアへのアクセス制限

本機能の提供について

必要な権限:「ユーザーの管理を許可」、「JDBCデータベースドライバーの管理を許可」

JDBCにケルベロス認証を使用している場合、検証や変数置換でデータストアへのアクセスを管理できます。

ユーザーアクセスの制御

インパーソネーションを活用するJDBCデータストアを作成および変更する機能を「インパーソネートされたデータストアの作成を許可」の管理設定を有効化されたユーザーだけに制限できます。

クラスター設定(config.yaml)内にはインパーソネーションをサポートするあらゆるインストール済みドライバーが使用するインパーソネートされたキーワードを定義することができます。 このキーワードは「危険」とみなされる操作の定義に使われるため、選ばれたユーザーのみに許可します。 デフォルトではインパーソネーションキーワードは定義されていません。

ユーザーがJDBCデータストアを作成または変更しようとした時、インパーソネーションキーワードが定義されている場合、DataRobotはURIがキーワードのいずれかを含むかどうかを判断します。 URIに1つ以上のキーワードが含まれていて、「インパーソネートされたデータストアの作成を許可」管理設定が有効なユーザーは、データストアを作成または変更できます。 URIにキーワードが含まれていても「インパーソネートされたデータストアの作成を許可」設定が有効ではないユーザーはデータストアを作成および変更できません。

特徴量の置換

変数置換構文(${datarobot_read_username})でもドライバーへのアクセスを制御できます。 データソースまたはデータストアからの取込みを行う際にURIに該当変数が含まれている場合、その変数は、ログインユーザーに関連付けられたインパーソネートされたアカウントで置換されます。


更新しました January 23, 2024
Back to top