Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Pricing 5.0 (Classic MLOps)

本機能の提供について

Contact your DataRobot representative to discuss Pricing 5.0, the Classic MLOps plan offering all of the capabilities listed below.

DataRobot users who subscribed before the introduction of MLOps in March 2020, and who have not purchased MLOps functionality since, experience different behavior in several aspects of predictions, monitoring, and model management. 以下の表は、レガシーユーザーと比較したMLOpsユーザーが利用できる機能の概要を示しています。

特徴量 MLOpsユーザー / Pricing 5.0 レガシーユーザー / 2020年3月以前
デプロイページへのアクセス(アラートや通知を含む)
サービスの正常性、データドリフト、および精度のモデル監視
デプロイは、DataRobot予測サーバー上のDataRobotモデルのみをサポートします
バッチ予測ジョブ
ポータブル予測サーバー(PPS)
エクスポートされたDataRobotスコアリングコードまたはPPSの監視
リモートカスタムモデルの監視
カスタムモデルのホスト、提供、および監視
ガバナンスワークフロー
自動再トレーニング
チャレンジャーモデル
Humble AI

Pricing 5.0 is the original DataRobot MLOps pricing plan, introducing several MLOps capabilities:

  • 各ユーザーまたは組織には、一度に実行できるアクティブなデプロイの数が設定されています。 その制限は、デプロイページステータスタイルに表示されます。 Pricing 5.0のユーザーは、アクティブまたは非アクティブなデプロイでリーダーボードをフィルターできます。 ユーザーが新しいデプロイを作成すると、デプロイを作成するために使用できるスペースがあることが組織に示されます。

    さらに、デプロイワークフローの最後に、デプロイのアクティビティと請求ステータスがユーザーに通知されます。

  • AutoMLでモデルを構築したユーザーは、モデルパッケージ(.mlpkgs)をダウンロードして、直接モデルリーダーボードからポータブル予測サーバーを使用できます。デプロイワークフローを使用する必要はありません。

  • AutoMLでモデルを構築したユーザーは、デプロイワークフローに関与することなく、モデルリーダーボードからモデルのスコアリングコードをダウンロードできます。 以前は、スコアリングコードをダウンロードすると、関連するデプロイが永続的に使用されていました。 現在、これらのデプロイは非アクティブにすることや削除することができるようになりました。 さらに、ユーザーはスコアリングコードのダウンロードに予測の説明を含めることができます。


更新しました April 8, 2024