Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

MLOpsの互換性

DataRobotは、それぞれに独自の機能セットを備えたさまざまなプランをユーザーに提供しています。 このページを参照して、各プランでアクセスできる機能を理解してください。

互換性に関する考慮事項

本機能の提供について

下記のすべての機能を提供するPricing 5.0プランの試用と更新については、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

2020年3月にMLOpsが導入される前にサブスクライブし、MLOpsを購入していないDataRobotユーザーは、予測、監視、モデル管理のいくつかの側面で異なる動作を経験します。 以下の表は、レガシーユーザーと比較したMLOpsユーザーが利用できる機能の概要を示しています。

特徴量 MLOpsユーザー レガシーユーザー
デプロイページへのアクセス(アラートや通知を含む)。
サービスの正常性、データドリフト、および精度のモデル監視。
デプロイは、DataRobot予測サーバー上のDataRobotモデルのみをサポートします。
バッチ予測ジョブ
ポータブル予測サーバー(PPS)
エクスポートされたDataRobotスコアリングコードまたはPPSの監視
リモートカスタムモデルの監視
カスタムモデルのホスト、提供、および監視
ガバナンスワークフロー
連続AI(自動再トレーニング)チャレンジャーモデル
Humble AI

上記のすべての機能を提供するPricing 5.0の試用と更新については、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

Pricing 5.0

Pricing 5.0はDataRobotユーザーが利用できる最新のプランです。 このプランでは、DataRobot MLOpsをサポートする多数の機能が導入されています。

  • 各ユーザーまたは組織には、一度に実行できるアクティブなデプロイの数が設定されています。 その制限は、デプロイページステータスタイルに表示されます。 Pricing 5.0のユーザーは、アクティブまたは非アクティブなデプロイでリーダーボードをフィルターできます。 ユーザーが新しいデプロイを作成すると、デプロイを作成するために使用できるスペースがあることが組織に示されます。

    さらに、デプロイワークフローの最後に、デプロイのアクティビティと請求ステータスがユーザーに通知されます。

  • AutoMLでモデルを構築したユーザーは、モデルパッケージ(.mlpkgs)をダウンロードして、直接モデルリーダーボードからポータブル予測サーバーを使用できます。デプロイワークフローを使用する必要はありません。

  • AutoMLでモデルを構築したユーザーは、デプロイワークフローに関与することなく、モデルリーダーボードからモデルのスコアリングコードをダウンロードできます。 以前は、スコアリングコードをダウンロードすると、関連するデプロイが永続的に使用されていました。 現在、これらのデプロイは非アクティブにすることや削除することができるようになりました。 さらに、ユーザーはスコアリングコードのダウンロードに予測の説明を含めることができます。


更新しました December 21, 2022
Back to top