Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

外部システムの設定

本機能の提供について

この機能は、セルフマネージドAIプラットフォームでのみ利用可能です。

必要な権限:「システム設定の有効化」

外部LDAPおよびSMTPシステムを設定するときの反復作業に要する時間を最小限に抑えるために、DataRobotでは、互換性のある設定オプションを含む設定管理インターフェイスを利用できます。 新しいシステム設定インターフェイスを利用すると、アプリケーションを再設定する必要なく、LDAPおよびSMTPに関連する設定値を動的に制御できるため、時間を節約し、プロセスをよりユーザーフレンドリーにすることができます。 インターフェイスを介して行われたすべての変更は、将来、参照できるように監査ログにも記録されます。

インターフェイスを操作するには、システム設定ドロップダウンから選択します。

構成設定の変更

値の設定方法は、すべての設定オプションで同じです。 以下にLDAPおよびSMTP設定の完全な一覧を示します。

設定を変更するには:

  1. システム設定ページからオプション(LDAPまたはSMTP)を選択します。 構成設定のリストが更新され、選択したオプションに固有の設定が表示されます。

    現在の構成設定値は自動的にオプションフィールドに入力されます。 表示される値は、デフォルトおよびconfig.yaml値に基づきます。 これは読み取り専用モードで表示されます。

  2. 現在の構成設定値を上書きするには、設定の上書きを切り替えます。 オンにすると、オプションフィールドが編集可能になります。

  3. オプションフィールドを目的の値に変更して、保存をクリックします。 システムが直ちに更新され、アプリケーション全体で新しい設定値が使用されます(トグルはオンのままです)。

  4. 設定をデフォルト/config.yaml値に戻すには:

    • 個々の値に対して、上書きオプションをオフにします。
    • 特定のオプション(LDAPまたはSMTP)のすべての設定値に対して、リセットをクリックします。

構成固有のメモ

以下にオプション固有の詳細をいくつか示します。

LDAPおよびSMTPに関する注意

LDAPおよびSMTPオプションについては、保存ボタンとリセットボタンに加えて、テストボタンもあります。 この機能を使用すると、現在の構成設定値を検定し、無効な構成(LDAPまたはSMTP認証設定の誤りなど)に起因するエラーを検出できます。 推奨事項:LDAPおよびSMTP関連の構成設定に対する変更を保存する前に、テストオプションを使用してエラーがないことを確認してください。

備考

無効な構成設定を保存すると、ユーザー(管理者ユーザーを含む)に以下のことが発生する場合があります。

  • LDAP:アプリケーションからロックアウトされているため、サポート担当者による修正が必要です。
  • SMTP:電子メール通知を生成する機能が失われます。

構成設定

以下のセクションでは、設定をタイプ別に示します。

LDAP設定

  • USER_AUTH_LDAP_ATTR_EMAIL_ADDRESS
  • USER_AUTH_LDAP_ATTR_FIRST_NAME
  • USER_AUTH_LDAP_ATTR_LAST_NAME
  • USER_AUTH_LDAP_ATTR_UNIX_USER
  • USER_AUTH_LDAP_BIND_PASSWORD
  • USER_AUTH_LDAP_CONNECTION_OPTIONS
  • USER_AUTH_LDAP_DIST_NAME_TEMPLATE
  • USER_AUTH_LDAP_GLOBAL_OPTIONS
  • USER_AUTH_LDAP_GROUP_SEARCH_BASE_DN
  • USER_AUTH_LDAP_ORGANIZATION_NAME_ACCOUNT_ATTRIBUTE
  • USER_AUTH_LDAP_REQUIRED_GROUP
  • USER_AUTH_LDAP_REQUIRED_GROUP_ACCOUNT_ATTR
  • USER_AUTH_LDAP_REQUIRED_GROUP_MEMBER_ATTR
  • USER_AUTH_LDAP_SEARCH_BASE_DN
  • USER_AUTH_LDAP_SEARCH_FILTER
  • USER_AUTH_LDAP_SEARCH_SCOPE
  • USER_AUTH_LDAP_URI
  • USER_AUTH_SERVICE_USERNAMES
  • USER_AUTH_TYPE

SMTP設定

  • DEFAULT_SENDER
  • DEFAULT_SUPPORT
  • SMTP_CONNECTION-_TIMEOUT_SECONDS
  • SMTP_MODE
  • SMTP_PASSWORD
  • SMTP_PORT
  • SMTP_USER

更新しました January 23, 2024
Back to top