Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

機能設定を管理する

適切なアクセスと権限があれば、自分のアカウントと他のユーザーの機能設定を表示および管理できます。

本機能の提供について

機能設定を管理する機能は、ほとんどのユーザーにとってデフォルトでオフになっています。ただし、組織管理者は、DataRobot設定で定義されている一部の機能設定にアクセスできる場合があります。 この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

必要な権限:ユーザーの管理を許可

機能設定を管理する

お使いのアカウントの機能設定を管理するには、DataRobotの右上にあるプロフィールアバター(またはデフォルトのアバター)をクリックし、設定をクリックします。

設定ページでは、ユーザーの機能を有効または無効にすることができ、またどの機能がすでに有効になっているかを確認できます。 一部の機能は既存のプロジェクトで使用できない場合があります。その場合、プロジェクトまたは一部のモデルを再構築して、新しい機能を適用できます。

ユーザーの機能設定を管理する

他のユーザーの機能設定を管理するには、DataRobotの右上にあるプロフィールアバター(またはデフォルトのアバター)をクリックし、アプリ管理者にあるユーザーをクリックします。

すべてのユーザーページで、リスト内の個々のユーザーをクリックして、権限タブをクリックし、そのアカウントの機能を有効または無効にすることができます。 一部の機能は既存のプロジェクトで使用できない場合があります。その場合、そのユーザーはプロジェクトまたは一部のモデルを再構築して、新しい機能を適用できます。 不確かな場合は、プロジェクトを再作成することを提案してください。

設定ページのセクション

設定(または権限)ページは製品セクションに分割されており(つまり、MLDevMLOps)、さらに、各製品内の機能の成熟度レベル(つまり、GAパブリックプレビュー)で分割されています。 製品に移動するには、関連するタブをクリックします。

プラットフォームセクションには、管理者コントロールタブもあります(システムおよび組織の管理者のみ)。

設定ページでは、次のことができます。

  • 検索ボックスをクリックして(またはCtrl/Cmd + Fを押して)機能または権限を検索し、機能名またはラベルを入力します。
  • 機能名にカーソルを合わせると、機能を説明するツールチップが表示されます。詳細が必要な場合は、DataRobotサポートにお問い合わせください。
  • 関連するトグルをオンにして、機能または権限を有効にします。

注意

機能または権限を検索すると、リストがフィルタリングされます。 すべての機能と権限を再度表示させるには、必ず検索バーをクリアしてください。

プレミアム機能と有効な機能

設定ページに、お使いのDataRobotライセンスに含まれているプレミアム製品と有効な機能を見ることができます。

プレミアム機能と有効な機能の詳細が必要な場合は、DataRobotサポートにお問い合わせください。


更新しました December 21, 2022
Back to top