Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Rクライアントの変更履歴

DataRobotのRクライアントの新バージョンにおける変更点です。

Rクライアント v2.18.4

Rクライアントのバージョンv2.18.4の一般提供を開始しました。 CRANまたは GitHubからアクセスできます。

datarobotパッケージはR >= 3.5に依存するようになりました。

新機能

  • Rクライアントは、DataRobotプラットフォームのPython 3への移行によって使用非推奨または無効になった特定のリソース(プロジェクト、モデル、デプロイなど)にアクセスしようとすると、警告を出力するようになりました。

  • 包括的なオートパイロットのサポートが追加されました。mode = AutopilotMode.Comprehensiveを使用してください。

機能強化

  • RequestFeatureImpact関数でrowCount引数を指定できるようになりました。これにより、特徴量のインパクトの計算に使用されるサンプルサイズが変更されます。

  • エクスポートされない関数datarobot:::UploadDataは、オプションの引数fileNameを取るようになりました。

バグ修正

  • curl==5.0.1のドキュメント化されていない機能がインストールされ、datarobot:::UploadDataの呼び出し(つまり、SetupProject)がエラーNo method asJSON S3 class: form_fileで失敗する問題が修正されました。

  • suppressPackageStartupMessages()datarobotパッケージをロードすると、すべてのメッセージが抑制されるようになりました。

APIの変更

  • 関数ListProjectsas.data.frame.projectSummaryListは、v2.5.0で削除されたレコメンダーモデルに関連するフィールドを返さなくなりました。

  • 関数SetTargetでは、オートパイロットモードがデフォルトでクイックに設定されるようになりました。 また、クイックが渡されると、基盤となる/aimエンドポイントはオートで呼び出されなくなります。

使用非推奨

  • 関数SetTargetからquickrun引数が削除されました。 ユーザーは代わりにmode = AutopilotMode.Quickを設定する必要があります。

  • コンプライアンスドキュメントは使用非推奨となり、Automated Documentation APIに引き継がれました。

依存関係の変更

  • 更新された「DataRobot入門」ビネットの変更により、datarobotパッケージはR >= 3.5に依存するようになりました。

  • 更新された「DataRobot入門」ビネットでAmesHousingパッケージへの依存関係が追加されました。

  • MASSパッケージへの依存を削除しました。

  • クライアントドキュメントがRoxygen2 v7.2.3で明示的に生成できるようになりました。

ドキュメントの変更

  • ボストンの住宅データセットではなく、アイオワ州エイムズの住宅データを使用するように「DataRobot入門」ビネットが更新されました。

Rクライアント v2.31

Rクライアントのバージョンv2.31のパブリックプレビューを開始しました。 GitHub経由でインストールできます。

このバージョンのRクライアントは、curl==5.0.1パッケージ内の新しい機能により、datarobot:::UploadDataの呼び出し(つまり、SetupProject)がエラーNo method asJSON S3 class: form_fileで失敗する問題に対処します。

機能強化

エクスポートされない関数datarobot:::UploadDataは、オプションの引数fileNameを取るようになりました。

バグ修正

suppressPackageStartupMessages()datarobotパッケージをロードすると、すべてのメッセージが抑制されるようになりました。

使用非推奨

  • CreateProjectsDatetimeModelsFeatureFitは削除されました。 代わりにCreateProjectsDatetimeModelsFeatureEffectsを使用してください。
  • ListProjectsDatetimeModelsFeatureFitは削除されました。 代わりにListProjectsDatetimeModelsFeatureEffectsを使用してください。
  • ListProjectsDatetimeModelsFeatureFitMetadataは削除されました。 代わりにListProjectsDatetimeModelsFeatureEffectsMetadataを使用してください。
  • CreateProjectsModelsFeatureFitは削除されました。 代わりにCreateProjectsModelsFeatureEffectsを使用してください。
  • ListProjectsModelsFeatureFitは削除されました。 代わりにListProjectsModelsFeatureEffectsを使用してください。
  • ListProjectsModelsFeatureFitMetadataは削除されました。 代わりにListProjectsModelsFeatureEffectsMetadataを使用してください。

依存関係の変更

クライアントドキュメントがRoxygen2 v7.2.3で明示的に生成できるようになりました。 ユニットテストの開発体験を向上させるために、Suggests: mockeryが追加されました。


更新しました January 23, 2024