Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

DataRobotとDatabricksを使用したエンドツーエンドの需要予測ワークフロー

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

このアクセラレーターは、Databricksエコシステム内の時系列モデリングでDataRobotの能力を活用を目的として、Databricksとともに使用するために開発されました。

需要予測モデルは、インベントリ管理、サプライチェーンプロセス、店舗人員配置の改善などの高価値のユースケースに適用されるため、多くの企業にとって有益です。 しかし、時系列特徴量エンジニアリングの実行から、多様で複雑な時系列アルゴリズムの実装、結果の評価まで、一般的に必要なエクスペリメントの量を考えると、予測モデルの構築は困難で時間がかかります。 DataRobotの時系列機能はこのプロセスを加速するので、多くのモデリングアプローチを迅速に構築してテストし、モデル監視でモデルを本番化できます。

このアクセラレーターはDatabricksノートブックにインポートすることができ、DataRobotとDatabricksを使用して複数系列の需要予測モデルを開発、評価、デプロイする方法を説明します。 ノートブックはDataRobot APIを利用してDataRobot機能にアクセスし、モデルの構築とスコアリングのためにDatabricksからデータを取込みます。

このアクセラレーターでは、以下の操作を行います。

  • DatabricksノートブックでDataRobotに接続

  • DatabricksからAIカタログへのデータのインポート

  • 時系列予測プロジェクトを作成し、オートパイロットを実行

  • モデルのパフォーマンスとインサイトの取得と評価

  • テストデータセットの新しい予測

  • DataRobot MLOpsで監視付きのモデルをデプロイ

  • 予測APIによる予測


更新しました February 20, 2024
Back to top