Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AWS SageMakerでのモデルのデプロイ

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

このアクセラレーターでは、DataRobotに構築されたモデルをAWS SageMakerにデプロイします。 すでにモデルのホストにSageMakerを使用している場合でも、AutoMLや時系列モデリングを始めとするDataRobotの強力な機能を利用できます。 DataRobotを既存のデプロイプロセスに連携できます。 同様に、このワークフローを使用して、DataRobotで構築されたモデルを別のタイプの環境にデプロイできます。

このアクセラレーターでは、 DataRobotのドキュメントに記載されている手動のステップに従って、プログラム的にDataRobotでモデルを構築し、、モデルをエクスポートしてAWS SageMakerでホストします。 モデルを実行するAWSサービスのセットアップを支援するために、このコードは、まだ設定されていない追加のアイテムがあればそれをプロビジョニングします。

このAIアクセラレーターで作成された内容について、以下のリストを確認してください。

AWS

  • ECRリポジトリ
  • S3バケット
  • SageMakerのIAMロール
  • SageMaker推論モデル
  • SageMakerエンドポイント設定
  • SageMakerエンドポイント(リアルタイム予測用)
  • SageMakerバッチ変換ジョブ(バッチ予測用)

DataRobot

  • DataRobot AutoMLプロジェクト
  • DataRobot AutoMLモデル
  • AutoMLモデルのスコアリングコードJARファイル

コードを実行すると、DataRobotのAutomated Machine Learning機能を活用してモデルをトレーニングし、AWSの機能を活用してそのモデルをSageMakerにデプロイしてホストする方法がわかります。


更新しました February 20, 2024
Back to top