Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

スターターのユースケースで飛行遅延を予測する

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

このアクセラレーターは、トライアル体験のガイド付きウォークスルーを実行することで、DataRobotトライアルユーザーを支援することを目的としています。 DataRobotでは、最初にグラフィカルユーザーインターフェイスで飛行遅延サンプルのユースケースを完了してから、このアクセラレーターに戻ることをお勧めします。

このノートブックでは、以下の操作を行います。

  • ユースケースを作成。
  • S3バケットからデータをインポートします(これはUIウォークスルーとは異なります)。
  • データラングリング操作を実行して、コードでターゲット特徴量を作成します(これもUIウォークスルーとは異なります)。
  • ラングリングされたデータセットを登録します。
  • 新しいデータセットを探索
  • エクスペリメントを作成し、DataRobotの自動化で多くのモデリングパイプラインを設定できるようにします。
  • 最高のパフォーマンスを発揮するためのモデルのインサイトを探索します。
  • 最高のパフォーマンスを発揮するためのモデルのモデリングパイプラインを表示します。
  • レジストリにモデルを登録します。
  • デプロイの設定。
  • デプロイの作成。
  • デプロイを使用して予測を行います。
  • デプロイ指標のレビュー。

更新しました February 20, 2024
Back to top