Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Azureによるエンドツーエンドのモデリングワークフロー

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

DataRobotは、選択したコーディング環境で完全に自動化されたワークフローを生成できる詳細なAPIを提供します。 このアクセラレーターは、Azureにネイティブに保存されているデータのエンドツーエンド処理を有効にする方法を示します。

このノートブックでは、Azureに保存されたデータを使用して、DataRobotでモデルのコレクションをトレーニングする方法を説明します。 次に、推奨されるモデルをデプロイし、DataRobotのバッチ予測APIを使用して予測を行い、それらを元のAzureコンテナに書き戻します

このアクセラレーターノートブックでは、以下のアクティビティをカバーします。

  • Azureストレージコンテナからトレーニングデータセットを取得
  • 新しいDataRobotプロジェクトを構築
  • 推奨モデルをデプロイ
  • DataRobotのバッチ予測APIによるスコアリング
  • ソースAzureコンテナに結果を書き戻し

更新しました February 20, 2024
Back to top