Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

アコースティックデータで特徴量エンジニアリングとVisual Artificial Intelligence (AI)を使用

GitHubでこのAIアクセラレーターにアクセス

高頻度データの密度は、信号を凝縮し、その特異性を抽出して強調する特殊な特徴量エンジニアリング技術が欠如している標準の機械学習ワークフローにとって課題となります。 DataRobotのマルチモーダル入力機能は、数値と画像を同時に活用できます。このユースケースでは、複雑なデータ理解のために確立されたコンピュータービジョン技術を活用できる説明的なスペクトログラムを含めるのに特に有益です。

このノートブックの例では、画像特徴量を生成し、高頻度データソースの数値特徴量を集計する方法を示しています。 このアプローチでは、音声wavファイルを時間ドメインから頻度ドメインに変換して、いくつかのタイプのスペクトログラムを作成します。 変換された信号から計算された統計数値特徴量は、音声ソースの分類に役立つ追加の説明を追加します。


更新しました February 20, 2024
Back to top