Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

コードファースト(V9.2)

2023年11月22日

DataRobot v9.2リリースには、コードファーストユーザーに対する多くの新機能が含まれています。以下にそれらの新機能を示します。 リリース9.2のその他の詳細については、データとモデリングおよびMLOpsに関するリリースのお知らせをご覧ください。

コードファースト機能
名前 一般提供 パブリックプレビュー
Notebooks
ノートブックジョブのスケジュール
DataRobot Notebooksでのカスタム環境の使用
APIの機能強化
DataRobot REST API v2.32
Pythonクライアントv3.2

Notebooks

パブリックプレビュー

ノートブックジョブのスケジュール

パブリックプレビュー版の機能です。ノートブックを非対話モードでスケジュールどおりに実行することで、コードベースのワークフローを自動化できます。 ノートブックのスケジューリングは、ノートブックのジョブによって管理されます。 さらに、ノートブックをパラメーター化することで、ノートブックのスケジューリングによって可能になる自動化を強化できます。 ノートブック内の特定の値をパラメーターとして定義することで、実行ごとに値を変更するためにノートブック自体を継続的に修正する必要がなく、ノートブックジョブの実行時にこれらのパラメーターに入力を提供できます。

必要な機能フラグ:Notebooksのスケジューリングを有効にする

パブリックプレビュー機能のドキュメントをご覧ください。

DataRobot Notebooksでのカスタム環境の使用

パブリックプレビュー版の機能です。DataRobot NotebooksはDataRobotのカスタム環境と連携しており、ノートブックセッションを実行するための再利用可能なカスタムDockerイメージを定義できます。 ノートブックセッションで使用するカスタム環境を作成することで、環境を完全に制御したり、ビルトインイメージで利用可能なもの以外にも再現可能な依存関係を活用したりすることができます。

必要な機能フラグ:Notebooksでカスタム環境を有効にする

パブリックプレビュー機能のドキュメントをご覧ください。

API

一般提供

DataRobot REST API v2.32

DataRobotのREST API v2.32が一般提供されました。 v2.31で導入された変更の完全なリストについては、 REST APIの変更履歴を参照してください。

新機能

  • ドキュメントのサムネイルについてのインサイトを新たなルートで取得できます。
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentThumbnails/
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentPages/(documentPageId)/file/
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentThumbnailSamples/
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentThumbnailBins/
  • ドキュメントのテキスト抽出サンプルについてのインサイトを新たなルートで計算・取得できます。
    • POST /api/v2/models/(modelId)/documentTextExtractionSamples/
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentTextExtractionSamples/
    • GET /api/v2/models/(modelId)/documentTextExtractionSampleDocuments/
    • GET /api/v2/models/(modelId)/documentTextExtractionSamplePages/
  • ドキュメントのデータ品質情報を新たなルートで取得できます。
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentsDataQualityLog/
    • GET /api/v2/datasets/(datasetId)/documentsDataQualityLog/
    • GET /api/v2/datasets/(datasetId)/versions/(datasetVersionId)/documentsDataQualityLog/
  • ドキュメントのデータ品質情報をログファイルとして取得する際、新たなルートを利用できます。
    • GET /api/v2/projects/(projectId)/documentsDataQualityLog/file/
    • GET /api/v2/datasets/(datasetId)/documentsDataQualityLog/file/,
    • GET /api/v2/datasets/(datasetId)/versions/(datasetVersionId)/documentsDataQualityLog/file/
  • デプロイの予測値対実測値の時系列データを新たなルートで取得できます。
    • GET /api/v2/deployments/(deploymentId)/predictionsVsActualsOverTime/
  • 登録モデルと登録モデルバージョン(以前はモデルパッケージと呼ばれていました)を新たなルートで管理できます。
    • GET /api/v2/registeredModels/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/
    • PATCH /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/
    • DELETE /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/versions/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/versions/(versionId)/
    • PATCH /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/sharedRoles/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/sharedRoles/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/deployments/
    • GET /api/v2/registeredModels/(registeredModelId)/versions/(versionId)/deployments/
  • ユースケースに新しいルートが追加されました。
    • GET /api/v2/useCases/
    • POST /api/v2/useCases/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/
    • PATCH /api/v2/useCases/(useCaseId)/
    • DELETE /api/v2/useCases/(useCaseId)/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/projects/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/applications/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/datasets/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/notebooks/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/playgrounds/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/vectorDatabases/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/modelsForComparison/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/filterMetadata/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/resources/
    • GET /api/v2/useCases/(useCaseId)/sharedRoles/
    • PATCH /api/v2/useCases/(useCaseId)/sharedRoles/
    • POST /api/v2/useCases/(useCaseId)/(referenceCollectionType)/(entityId)/
    • DELETE /api/v2/useCases/(useCaseId)/(referenceCollectionType)/(entityId)/

Pythonクライアントv3.2

DataRobotのPythonクライアントのv3.2が一般提供されました。 v2.31で導入された変更の完全なリストについては、 Pythonクライアントの変更履歴を参照してください。

新機能

  • Python 3.11のサポートが追加されました。
  • Python 3.7〜3.10との後方互換性を維持しつつ、StrEnumのサポートを追加するために、新しいライブラリ"strenum"が追加されました。Python3.11では、DataRobotはネイティブStrEnumクラスを使用しません。
  • DataRobotの予測環境とやり取りするための新しいクラスPredictionEnvironmentが追加されました。
  • ターゲットを設定する際に使用できる高度なオプションを拡張し、新しいパラメーターmodelGroupIdmodelRegimeIdmodelBaselinesを追加しました(AdvancedOptionsオブジェクトの一部)。 これらのパラメーターを使用すると、OTVプロジェクトで特徴量派生なしで時系列モデルを実行する際に必要なユーザー列を指定できます。
  • トレーニングデータでの予測の説明を計算するための新しいメソッドPredictionExplanations.create_on_training_dataが追加されました。

  • DataRobotの登録モデルとやり取りするための新しいクラスRegisteredModelを追加し、以下のメソッドがサポートされました。

  • RegisteredModel.get RegisteredModelオブジェクトをIDで検索します。
  • RegisteredModel.list 登録されているすべてのモデルを一覧表示します。
  • RegisteredModel.archive 登録されているモデルを永久保存します。
  • RegisteredModel.update 登録されているモデルを更新します。
  • RegisteredModel.get_shared_roles 登録モデルのアクセス制御情報を取得します。
  • RegisteredModel.share 登録されているモデルを共有します。
  • RegisteredModel.get_version RegisteredModelVersionオブジェクトをIDで検索します。
  • RegisteredModel.list_versions 登録されているモデルバージョンを一覧表示します。
  • RegisteredModel.list_associated_deployments 登録モデルに関連付けられたデプロイを一覧表示します。

  • DataRobotの登録モデルバージョン(モデルパッケージとも呼ばれます)とやり取りするための新しいクラスRegisteredModelVersionを追加し、以下のメソッドがサポートされました。

  • RegisteredModelVersion.create_for_external 外部モデルから新しい登録モデルバージョンを作成します。
  • RegisteredModelVersion.list_associated_deployments 登録されているモデルバージョンに関連付けられたデプロイを一覧表示します。
  • RegisteredModelVersion.create_for_leaderboard_item リーダーボードモデルから新しい登録モデルバージョンを作成します。
  • RegisteredModelVersion.create_for_custom_model_version カスタムモデルのバージョンから新しい登録モデルバージョンを作成します。

  • 登録モデルバージョンからのデプロイの作成をサポートする新しいメソッドDeployment.create_from_registered_model_versionが追加されました。

  • 現在デプロイされているモデルのモデルパッケージファイル(.mlpkg)のダウンロードをサポートする新しいメソッドDeployment.download_model_package_fileが追加されました。

  • ドキュメントのサムネイルを取得できるようになりました。

  • DocumentThumbnail <datarobot.models.documentai.document.DocumentThumbnail>
  • DocumentPageFile <datarobot.models.documentai.document.DocumentPageFile>

  • 以下を使用してドキュメントテキスト抽出サンプルを取得できるようになりました。

  • DocumentTextExtractionSample
  • DocumentTextExtractionSamplePage
  • DocumentTextExtractionSampleDocument

  • ネットワークポリシーを制御するための新しいフィールドがCustomTaskVersionに追加されました。 新しいフィールドはレスポンスにも追加されました。 これはdatarobot.enums.CustomTaskOutgoingNetworkPolicyで設定できます。

  • デプロイの代わりにリーダーボードモデルを使用してバッチ予測を実行する新しいメソッドBatchPredictionJob.score_with_leaderboard_modelが追加されました。

  • プロパティtypeに対してIntakeAdaptersOutputAdaptersの列挙値をそれぞれ使用するように、IntakeSettingsOutputSettingsを設定します。

  • デプロイの予測値対実測値の時系列データを取得するメソッドDeployment.get_predictions_vs_actuals_over_timeが追加されました。

記載されている製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。 製品名または会社名の使用は、それらとの提携やそれらによる推奨を意味するものではありません


更新しました November 27, 2023
Back to top