Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ノートブックのスケジューリング

DataRobot Notebooksのスケジューリング機能を使用すると、ノートブックを非対話モードでスケジュールどおりに実行することで、コードベースのワークフローを自動化できます。

その他の重要情報については、関連する注意事項を参照してください。

ノートブックのジョブを作成

ノートブックのスケジューリングは、ノートブックのジョブによって管理されます。 新しいノートブックジョブを作成できるのは、ノートブックがオフラインのときだけです。 ノートブックが現在アクティブなセッションで開かれている場合、新しいジョブを作成する前に、まずこの対話型セッションをシャットダウンする必要があります。

ノートブックジョブを作成するには、スケジューリングしたいノートブックを選択します。 次に、サイドバーのカレンダーアイコンを選択して、ノートブックのジョブタブにアクセスします。

ノートブックのジョブタブで、ノートブックのジョブを作成を選択します。 次に、ノートブックジョブモーダルからスケジュールを設定します。

フィールド名 説明
ジョブ名 作成するノートブックジョブの名前を入力します。
スケジュールどおりに実行または今すぐ実行 ノートブックをすぐに実行するか、スケジュールに従って実行するかを決定します。 ノートブックをすぐに実行することは、スケジュールに従ってノートブックを自動化する前にノートブックをテスト実行したい場合や、非同期でノートブックを実行して実行履歴を追跡したい場合に便利です。
頻度 ノートブックの実行頻度を設定します(1時間ごと、毎日、毎月など)。
時間 スケジュールに従ってノートブックを実行する時刻を指定します。 より詳細なスケジューリングオプションを使用するには、Cronスケジュールを選択します。
パラメーター (Optional) Read more about parameterization below. ノートブックにパラメーターを定義すると、ノートブックに移動して各値を手動で変更する必要がなく、スケジュールされた実行時にパラメーターの値が自動的に指定されます。 パラメーターを単一のエントリーとして追加するか、一括でインポートするかを選択します。

ノートブックジョブの設定が完了したら、作成をクリックします。 新しく作成されたノートブックジョブは、ノートブックのジョブタブから見ることができます。 ノートブックジョブが実行されると、その結果(セル出力)はノートブックに表示されます。

ノートブックのパラメーター化

ノートブックをパラメーター化することで、ノートブックのスケジューリングによって可能になる自動化を強化できます。 ノートブック内の特定の値をパラメーターとして定義することで、実行ごとに値を変更するためにノートブック自体を継続的に修正する必要がなく、ノートブックジョブの実行時にこれらのパラメーターに入力を提供できます。

ノートブックの特定の値をパラメーター化するには、パラメーターをノートブックの環境変数として定義する必要があります。 環境変数の値が、パラメーターのデフォルト値となります。

一度定義したら、以下のように対応する環境変数を取得することで、このパラメーターをコードで使用できます。

ノートブックジョブが実行されると、その実行では、パラメーターに対応する環境変数で定義されているデフォルト値が、ジョブ定義で定義されている各パラメーター値で上書きされます。 ただし、これらのランタイムパラメーター値は、対応するノートブック環境変数の保存値を置き換えるものではありません。

パラメーターを追加する場合、キーと値のペアを追加して1つずつ追加することも、一括で定義することもできます。 下のテキストフィールドに改行で区切られたキーと値のペアを指定することで、 複数の環境変数をまとめて追加できます。次の形式を使用: フィールドの各行で次の形式を使用します。

KEY=VALUE # DESCRIPTION

ノートブックジョブ定義の管理

ノートブックでスケジュールされたジョブの定義は、ノートブックのジョブタブに表示されます。 メニューアイコン()をクリックすると、実行履歴の表示やジョブの編集など、ジョブ定義で実行可能なアクションのリストにアクセスできます。

備考

ジョブ定義を無効にすると、スケジュールが一時停止します。 スケジュールが再び有効になるまで、スケジュールされたジョブの新しい自動実行は送信されません。

ユースケースホームページのノートブックタブのジョブ定義セクションに移動することで、ユースケース内のすべてのノートブックを対象として、スケジュールされた全ジョブの定義を表示することもできます。

実行履歴の監視

DataRobotは、スケジュールされたノートブックの各自動実行と、「今すぐ実行」アクションによってトリガーされたノートブックの各手動実行の履歴とメタデータを追跡します。 実行履歴を表示するには、ユースケースのホームページでノートブックタブの実行履歴セクションに移動します。 実行履歴セクションには、実行の開始時刻(UTC)、終了時刻(UTC)、期間、ステータスなど、各実行のメタデータが表示されます。

メニューアイコンをクリックすると、実行結果のダウンロードや、実行のキャンセルができます。 表示したい列でフィルターし、列を並び替えるには、設定を選択します。

ノートブックの各実行には対応するノートブックリビジョンがあります。これはノートブック(およびセル出力)のスナップショットで、DataRobotは各ノートブックジョブの実行終了時に自動的に収集します。 これにより、ノートブックの現在のバージョンが変更されていても、以前のノートブックの実行結果に戻って確認できます。 ノートブックのリビジョンは、実行履歴テーブルの実行結果列に表示されます。 テーブル内の実行をクリックすると、対応する実行のノートブックリビジョンが表示されます。

ノートブックのスケジューリングに関する注意事項

ノートブックのスケジューリングを行う前に、以下の注意事項を確認してください。

  • ノートブックには、スケジュールされたジョブの定義を一度に1つしか含めることができません。 スケジュールされたジョブの定義を新しく作成するには、まず既存のジョブ定義を削除する必要があります。

  • ノートブックにアクティブで有効なスケジュールジョブ定義がある場合、対話型セッションでそのノートブックを開始することはできません。 対話型セッションでノートブックを編集または実行するには、まずアクティブなスケジュールを無効にする必要があります。

  • スケジュールに指定できる最小の頻度は、1時間ごとです。

  • 組織レベルで同時に実行できるノートブックジョブの最大数は2つです。 これは、同時に実行できる対話型ノートブックセッションの最大数とは別の制限です。


更新しました February 20, 2024
Back to top