Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ローカルファイルをアップロード

データを追加モーダルを介してローカルファイルをアップロードすると、データセットがユースケースに追加されると共に、 データレジストリに登録されます。 この方法でデータを追加するのは、データセットがすでにモデリングに使用できる場合に適しています。

ファイルをアップロードする前に、許容されるファイル形式とサイズガイドラインに関するDataRobotの データセット要件を確認してください。 その他の重要情報については、関連する 注意事項を参照してください。

ローカルファイルをアップロードするには:

  1. データを追加モーダルで、アップロードをクリックします。

  2. ファイルエクスプローラーでデータセットを見つけて選択します。 次に開くをクリックします。

    サポートされているファイル形式

    ワークベンチは、アップロード用に、.csv、.tsv、.dsv、.xls、.xlsx、.sas7bdat、.geojson、.gz、.bz2、.tar、.tgz、.zipのファイルタイプをサポートしています。

  3. データセットタブが開きます。このタブでは、データセットがデータレジストリに登録されている間にデータセットの進捗状況を監視できます。

    登録が完了すると、DataRobotは、ソース、行数、特徴量数、およびサイズを表示します。

次のステップ

ここから、次のことができます。

続けて読む

このページで説明されているトピックの詳細については、以下を参照してください。


更新しました September 28, 2023