Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデルワークショップ

本機能の提供について

NextGenモデルワークショップは、デフォルトでオンになっています。

機能フラグ:NextGenのレジストリを有効にする、新しいカスタムジョブとカスタムモデルワークショップのエクスペリエンスを有効にする

モデルワークショップでは、モデルアーティファクトをアップロードして、カスタムモデルを作成、テストし、一元化されたモデル管理およびデプロイハブにおよびデプロイできます。 カスタムモデルは、DataRobotのMLOps機能のほとんどをサポートする事前トレーニング済みのユーザー定義モデルです。 DataRobotは、Python、R、Javaを始めとするさまざまなコーディング言語で構築されたカスタムモデルをサポートします。 DataRobotの外部でモデルを作成し、モデルをDataRobotにアップロードする場合は、カスタムモデルワークショップでモデルコンテンツとモデル環境を定義する必要があります。

カスタムモデルとは何ですか?

カスタムモデルは、カスタムDataRobotモデルではありません。 これらは、デプロイへのアクセス、監視、およびガバナンスのために、DataRobotの外部で作成され、カスタムモデルワークショップでアセンブルされたユーザー定義モデルです。 カスタムモデルワークショップを通じてDataRobotに取り込むモデルのローカル開発をサポートするために、 DataRobot Model Runner(DRUM)は、DataRobotでのアセンブリの前に、ローカルでの推論モデルのアセンブル、デバッグ、テスト、および実行をするためのツールを提供します。 ワークショップにカスタムモデルを追加する前に、ワークショップにアップロードするカスタムモデルを構築するための カスタムモデルアセンブリガイドラインを参照することをお勧めします。

以下のトピックでは、DataRobotでカスタムモデルアーティファクトを管理する方法について説明します。

トピック 説明
カスタムモデルの作成 モデルワークショップでカスタムモデルを作成する方法。
カスタムモデルの表示と管理 モデルワークショップでカスタムモデルを作成しアセンブルする方法。
DataRobotでのカスタムモデルのテスト モデルワークショップでカスタムモデルをテストする方法。
カスタムモデルバージョンの追加 ファイルの内容または設定を更新した後にモデルの新しいバージョンを作成する方法。
カスタムモデルの登録 モデルレジストリからレジストリにカスタムモデルを追加する方法。

DataRobotによって管理される予測サーバーにデプロイした後、API経由で予測を作成し、一連の機能を使用してデプロイを監視できます。


更新しました February 8, 2024
Back to top