Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ユースケースの概要

ユースケースとは、DataRobotワークベンチ内にあるフォルダーのようなコンテナのことで、特定のビジネス問題の解決に関連するすべてのもの(データセット、モデル、エクスペリメント、AIアプリ、ノートブック)を単一の管理可能なエンティティにまとめることができます。 ユースケース全体とそれに含まれる個々のアセットを共有できます。

ユースケースの最大のメリットは、エクスペリメントベースの反復ワークフローを可能にすることです。 すべての主要なインサイトを単一の場所に格納することで、データサイエンティストは、ナビゲーションとエクスペリメント作成のためのより明確なインターフェイス、およびモデルのトレーニング、レビュー、および評価を改善してきました。

具体的には、ユースケースを使用して以下のことを行うことができます。

  • 作業を整理 関連するデータセット、エクスペリメント、ノートブックなどを、解決する問題ごとにグループ化します。

  • すべて簡単に検索 何百もの無関係なプロジェクトを検索したり、Eメールからハイパーリンクを取得したりする必要がなくなりました。

  • コレクションで共有 チームが参加するために必要なすべてのアセットを含む、完全なユースケースを共有できます。

  • アクセスの管理 ユースケースへのメンバーの追加または削除を行って、アクセスを制御します。

  • 変更の監視 チームメンバーによるユースケース内のアセットの追加、削除、または変更が行われると通知されます。

概要

ワークベンチを起動すると、ユースケースのディレクトリが表示されます。 初回の来院の場合、ページは空になります。 最初のユースケースが開始されると、ディレクトリには、所有または共有しているすべてのユースケースが一覧表示されます。 ユースケースのコンテンツは、タイルとテーブルで提供されます。

タイルには、最後に変更した6つのユースケースが表示されます。 各タイルには、ユースケースのアセットが一目でわかるカウントが表示されます。

テーブルには、ディレクトリ内のすべてのユースケースが表示されます。 デフォルトでは、初期ページネーションは5つのユースケースですが、右側のドロップダウンから表示を変更できます。

各ユースケースについて、テーブルには次の内容が表示されます。

  • アセット:関連付けられたデータセット、エクスペリメント、アプリ、ノートブックの数。
  • メタデータ:作成者、最終変更、メンバー。

テーブル列の右側にある矢印をクリックして、それらのエントリーでテーブルを並べ替えます。 Click the Actions menu to the right to delete the Use Case.

次のステップ

ここから、次のことができます。


更新しました July 10, 2024