Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ジョブの実行とスケジュール

必要となる環境とファイルでカスタムジョブを構築したら、ジョブの実行、実行のスケジュール、またはその両方を実行できます。 レジストリジョブタブで、テーブルで実行するジョブをクリックします。

汎用ジョブと再トレーニングカスタムジョブの実行とスケジュール

本機能の提供について

コードベースの再トレーニングカスタムジョブは、デフォルトではオフになっており、カスタムジョブと環境が必要です。 この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:カスタムジョブベースの再トレーニングポリシーを有効にする、カスタムジョブを有効にする、Notebooksでカスタム環境を有効にする

汎用および再トレーニング(プレビュー)カスタムジョブの場合、実行オプションはカスタムジョブパネルの右上隅にあります。

オプション 説明
スケジュール 実行をスケジュールするセクションを開きます。 シンプルなスケジュールを選択し、頻度と時間(UTC)を入力してカスタムジョブを実行します。 または、高度なスケジュールをクリックして、より正確な実行スケジュールを入力することもできます。 スケジュールを設定したら、スケジュールを設定をクリックします。
実行 カスタムジョブの実行を直ちに開始し、実行タブで実行を開きます。ここでは、 カスタムジョブの実行情報を表示できます。

ホストされたカスタム指標ジョブの実行とスケジュール

ホストされたカスタム指標ジョブがアセンブルタブで作成されたか、ギャラリーから追加された場合、実行オプションは、接続されたデプロイ自体を編集または削除するオプションと共に、 接続されたデプロイによって管理されます。

オプション 説明
スケジュール 実行をスケジュールするセクションを開きます。 シンプルなスケジュールを選択し、頻度と時間(UTC)を入力してカスタムジョブを実行します。 または、高度なスケジュールをクリックして、より正確な実行スケジュールを入力することもできます。 スケジュールを設定したら、スケジュールを設定をクリックします(またはスケジュールを更新)。 スケジュールが設定されている場合、スケジュールを無効にするをクリックして無効にできます。
テスト カスタムジョブのテスト実行を開始します。 実行タブに移動して、 カスタムジョブの実行情報を表示します

To access more options for a deployment on the Connected deployments panel, click the Actions menu located next to the deployment name:

オプション 説明
実行 カスタムジョブの実行を開始します。 実行タブに移動して、 カスタムジョブの実行情報を表示します
テスト実行 カスタムジョブの実行テストを開始します。 実行タブに移動して、カスタムジョブの実行情報を表示します。
実行を表示 実行タブが開き、カスタムジョブの実行情報を表示できます。
スケジュール編集 実行をスケジュールするセクションを開きます。 シンプルなスケジュールを選択し、頻度と時間(UTC)を入力してカスタムジョブを実行します。 または、高度なスケジュールをクリックして、より正確な実行スケジュールを入力することもできます。 スケジュールを設定したら、スケジュールを設定をクリックします(またはスケジュールを更新)。 スケジュールが設定されている場合、スケジュールを無効にするをクリックして無効にできます。
編集 接続されたデプロイの詳細が表示されます。ここでは、ランタイムパラメーター、スケジュール、ベースラインを編集または設定できます。
削除 接続されたデプロイを削除します。 接続されたデプロイを削除ダイアログボックスで、再度削除をクリックして削除を確定します。

ジョブ実行の表示と管理

カスタムジョブを実行する(またはスケジュールされた実行が完了する)と、実行情報が記録され、実行情報の確認、実行ログの表示と管理を行うことができます。 これは、実行失敗時に問題を診断するのに役立ちます。 レジストリジョブ > 実行タブで、リストから表示する実行を見つけてクリックし、実行結果実行の説明(そして存在する場合はランタイムパラメーター)を確認します。

フィールド 説明
実行結果 選択したジョブ実行のステータス期間ログログセクションには、次のオプションがあります。
  • ログを表示:DataRobotでコンソールログウィンドウを開きます。ここでは、検索更新ログのダウンロードができます。 ログは実行中でも見ることができ、表示を更新をクリックすると最新の状態に保たれます。
  • ログをダウンロード:ログを.txtファイルとしてダウンロードします。
  • ログを削除:実行のログを完全に削除します。通常、誤って機微情報をログに記録した場合に使用します。
実行の説明 ジョブ実行の説明。 説明を編集するには、フィールドの内容の横にある編集アイコン()をクリックします。
実行の詳細 実行ID:現在の実行のID。 コピーアイコン をクリックして、クリップボードに保存できます。
リソース カスタムジョブを作成する場合に設定された現在の実行のリソース設定、リソースバンドル、およびネットワークアクセス
ランタイムパラメーター カスタムジョブの構築処理中にmetadata.yamlファイルをアップロードし、ランタイムパラメーターを設定した場合、このテーブルにはキー値のペアが表示されます。
キー値 非ランタイムパラメーターキー値、タグ指標トレーニングパラメーター、およびアーティファクト
ファイル 現在の実行用に構築されたジョブに含まれるファイル。

実行の詳細を更新する

表示を更新をクリックしてジョブの詳細を再度ロードし、新しい情報を確認できます。

機微情報をログに記録しない

機微情報をカスタムジョブコードに記録しないでください。 カスタムジョブ実行のログには、そのジョブのコードにログインしている情報が含まれています。 機密情報をログに記録した場合は、ログを削除してください。


更新しました June 7, 2024