Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

レジストリ

本機能の提供について

NextGenレジストリは、デフォルトでオンになっています。

機能フラグ:NextGenのレジストリを有効にする

レジストリでは、モデルは、 バージョン としてデプロイ可能なモデルパッケージを含む 登録済みモデル としてリストされます。 各パッケージは、そのモデルのソースに関係なく同じように機能します。 レジストリから、 コンプライアンスドキュメントを生成して、モデルのコンポーネントが意図したとおりに機能し、モデルが意図したビジネス目的に対して適切であることを証明できます。 モデルを本番環境にデプロイすることもできます。

トピック 内容...
DataRobotモデルの登録 DataRobotモデルをクラシックまたはワークベンチからレジストリに追加します。
外部モデルの登録 レジストリに外部モデルを追加します。
カスタムモデルの登録 モデルワークショップからレジストリにカスタムモデルを追加します。
登録済みモデルの表示と管理 登録済みのモデルとモデルバージョンを表示および管理します。
コンプライアンスドキュメントの生成 レジストリでDataRobotモデルのコンプライアンスドキュメントを生成します。
キー値の表示と管理 レジストリに登録されたモデルバージョンのキー値を表示および管理します。
登録済みモデルのデプロイ 登録済みモデルバージョンをレジストリからデプロイします。
グローバルモデルへのアクセス 予測ユースケースや生成ユースケースで、事前にトレーニングされたグローバルモデルにアクセスしてデプロイします。
カスタムモデルの作成 モデルワークショップでモデルアーティファクトをアセンブルしてテストし、レジストリを介してカスタムモデルをデプロイします。
カスタムジョブの作成 ジョブワークショップでカスタムジョブをアセンブルして、モデルとデプロイの自動化を実装します。
カスタムアプリケーションの作成 Streamlit、Dash、R Shinyなどのウェブアプリケーションを使って、DataRobotでカスタムアプリケーションを作成し、機械学習プロジェクトを共有します。

更新しました February 20, 2024
Back to top