Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムアプリケーションの管理

本機能の提供について

アプリケーションページは、デフォルトではオフになっています。 このプレビュー機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ: カスタムアプリケーションワークショップを有効にする

レジストリのアプリケーションページには、すべてのアプリケーションタブから使用できるすべてのカスタムアプリケーションが一覧表示されます。 次の表は、このページの要素と使用可能なアクションを示します。

  要素 説明
1 アプリケーション名 アプリケーション名。
2 バージョン アプリケーションまたはソースのバージョン番号を一覧表示します。
3 開く クリックすると、アプリケーションまたはソースが開きます。
4 アクションメニュー アプリケーションを共有、制御、または削除します。
5 検索 リスト内の特定のアプリケーションを検索するために使用します。
6 「アプリケーション」タブ 構築されたアプリケーションまたはアプリケーションソースの表示を選択します。
7 ドロップダウンを追加 追加ドロップダウンを使用して、カスタムアプリケーションをアップロードするか、または新しいアプリケーションソースを作成します。

アプリケーションの共有

共有機能は権限を管理し、ユーザー、グループ、組織、およびDataRobot以外の受信者とアプリケーションを共有できます。 この機能は、アプリケーションを作成するための専門知識のないユーザーに既存のアプリケーションの使用を許可する場合などに便利です。

注意

複数のユーザーが同じアプリケーションにアクセスできる場合、各ユーザーは、別のユーザーが行った変更や予測を表示、編集、上書きしたり、アップロードしたデータセットを見たりすることができます。 この動作は、カスタムアプリケーションの性質によって異なります。

アプリワークショップのアクションメニューから共有機能にアクセスできます。 共有したいアプリケーションの横にあるメニューアイコン()をクリックし、共有)を選択します。

これにより共有ウィンドウが開き、ユーザーとその役割がリストされます。 エディターは、1つ以上のユーザーまたはグループ、組織全体でアプリケーションを共有できます。 さらに、共有リンクを使ってアプリケーションを外部と共有できます。

  1. 新しいユーザーを追加するには、次と共有:フィールドにそのユーザー名を入力します。

  2. ドロップダウンからロールを選択します。

  3. 通知を送信を選択してEメール通知を送信し、メモを追加を選択して通知に詳細を追加します。

  4. 共有をクリックします。

  1. 共有ウィンドウでグループまたは組織タブを選択します。

  2. 共有先フィールドにグループ名または組織名を入力します。

  3. 権限のロールを決めます。
  4. 共有をクリックします。 アプリが共有され、役割は指定されたグループまたは組織のすべてのメンバーに適用されます。

DataRobot以外のユーザーとカスタムアプリケーションを共有するには、外部共有を有効にするをオンに切り替えます。 トグルの下に表示されるリンクを使用すると、DataRobotにアクセスできないエンドユーザーとカスタムを共有できます。 そのリンクをエンドユーザーと共有する前に、アプリケーションへのアクセスを許可するEメールドメインとアドレスを指定する必要があります。 このリストを変更することで、共有リンクへのアクセスを取り消すことができます。 アプリケーションにアクセスしなくなったドメインまたはアドレスを削除します。

共有ダイアログでは、次のアクションも使用できます。

  • ユーザーを削除するには、削除するユーザーの役割の右側にある「X」ボタンをクリックします。
  • ユーザーの役割を再度割り当てるには、割り当てられた役割をクリックして、ドロップダウンから新しい役割を割り当てます。

アプリケーションの削除

適切な権限がある場合、メニュー()を開き、削除()をクリックしてアプリケーションを削除できます。

アプリケーションのソース

アプリケーションソースには、カスタムアプリケーションを構築できるファイル、依存関係、および環境が含まれます。 アプリケーションページで、アプリケーションソースタブを選択して、カスタムアプリケーションを構築できるすべてのソースを表示します。

アプリケーションソースの追加

アプリケーションページから新しいアプリケーションソースを作成するには、追加 > 新しいアプリケーションソースをクリックします。

新しいアプリケーションソースが、直ちにページに追加されます。 新しいアプリケーションソースを選択して、設定を開始します。

アプリケーションソースの設定

アプリケーションソースを選択後、その基本環境を選択し、ソースにファイルをアップロードして、ランタイムパラメーターを作成できます。

アプリケーションソースのこれらのコンポーネントのいずれかを編集する場合、ソースの新しいバージョンを作成します。 バージョンドロップダウンから、ソースの任意のバージョンを選択できます。

環境

カスタムアプリケーションは、環境(Dockerコンテナ)内で実行されます。 環境には、カスタムアプリケーションで使用されるパッケージ、言語、およびシステムライブラリが含まれます。 環境ヘッダーの下にあるドロップダウンから、DataRobotが提供するアプリケーションソースの環境を選択します。 DataRobotは、[Experimental] Python 3.9 Streamlitという名前の事前定義済み基本環境を提供します。

ファイル

ファイルセクションでは、カスタムアプリケーションソースを構成するファイルを構築できます。 ボックスにファイルをドラッグするか、このセクションのオプションを使用して、カスタムジョブの構築に必要なファイルを作成またはアップロードします。

オプション 説明
ソース/アップロードから選択 既存のカスタムジョブファイル(run.shmetadata.yaml、など)をローカルファイルまたはローカルフォルダーとしてアップロードします。
作成 空のファイルまたはテンプレートを含んだファイルとして新しいファイルを作成し、カスタムジョブに保存します。
  • metadata.yamlを作成:ランタイムパラメーターファイルの基本的で編集可能な例を作成します。
  • README.mdを作成:基本的で編集可能なREADMEファイルを作成します。
  • start-app.shを作成:エントリーポイントファイルの基本的で編集可能な例を作成します。
  • demo-streamlit.pyを作成:基本的で編集可能なPythonファイルを作成します。
  • サンプルジョブを作成:すべてのテンプレートファイルを結合して、基本的で編集可能なアプリケーションを作成します。 簡単にランタイムパラメーターを設定し、このサンプルアプリケーションを実行できます。
  • 空白ファイルを作成:空のファイルを作成します。 名称未設定の横にある編集アイコン()をクリックしてファイル名と拡張子を入力し、カスタムコンテンツを追加します。 次のステップでは、カスタム名とコンテンツを使用して、このように作成されたファイルをエントリーポイントとして識別できます。 新しいファイルを設定したら、保存をクリックします。

空白のテキストファイル作成を選択する場合、ファイルに情報を入力し、完全なパス(そのファイルに属するフォルダおよびファイル拡張子を含む)を使用して名前を付け、保存をクリックします。

リソース

本機能の提供について

Runtime parameters for custom applications are off by default. このプレビュー機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

Feature flags: Enable Custom Applications Workshop, Enable Runtime Parameters and Resource Limits, and Enable Resource Bundles

After creating an application source, you can configure the resources an application consumes to minimize potential environment errors in production. DataRobot allows you to customize resource limits and the replicas number. To edit the resources bundle:

  1. Select an application source. In the Resources section, click () Edit:

  2. In the Update resources dialog box, configure the following settings:

    設定 説明
    バンドル Select a resource bundle from the dropdown that determines the maximum amount of memory and CPU that can be allocated for a custom application.
    レプリカ Sets the number of replicas executed in parallel to balance workloads when a custom application is running. The default value is 1, and the maximum value is 4.
  3. Once you have configured the resource settings for the application source, click Save.

ランタイムパラメーター

本機能の提供について

Runtime parameters for custom applications are off by default. このプレビュー機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

Feature flag: Enable Runtime Parameters and Resource Limits

アプリケーションソースから構築されたカスタムアプリケーションで使用されるランタイムパラメーターを作成して定義します。

metadata.yamlファイルに含めることで、ランタイムパラメーターをカスタムアプリケーションに追加でき、カスタムアプリケーションの再利用を容易にします。 このファイルのテンプレートは、ファイル > 作成ドロップダウンから使用できます。

ランタイムパラメーターを定義するには、以下のruntimeParameterDefinitionsmetadata.yamlに追加できます。

キー 説明
fieldName ランタイムパラメーターの名前を定義します。
type ランタイムパラメーターに含まれるデータ型(stringbooleannumericcredential)を定義します。
defaultValue (オプション)ランタイムパラメーターのデフォルト文字列値(credentialタイプはデフォルト値をサポートしません)
minValue (オプション)numericランタイムパラメーターには、ランタイムパラメーターで使用可能な最小数値を設定します。
maxValue (オプション)numericランタイムパラメーターには、ランタイムパラメーターで使用可能な最大数値を設定します。
allowEmpty (オプション)ランタイムパラメーターに空のフィールドポリシーを設定します。
  • True:(デフォルト)空のランタイムパラメーターを許可します。
  • False:デプロイ前にランタイムパラメーターの値を指定するよう徹底します。
description (オプション)ランタイムパラメーターの目的または内容の説明

備考

defaultValueを指定せずにランタイムパラメーターを定義した場合、デフォルト値はNoneです。

例: metadata.yaml
name: runtime-parameter-example
type: inference
targetType: regression

runtimeParameterDefinitions:
- fieldName: my_first_runtime_parameter
  type: string
  description: My first runtime parameter.

- fieldName: runtime_parameter_with_default_value
  type: string
  defaultValue: Default
  description: A string-type runtime parameter with a default value.

- fieldName: runtime_parameter_boolean
  type: boolean
  defaultValue: true
  description: A boolean-type runtime parameter with a default value of true.

- fieldname: runtime_parameter_numeric
  type: numeric
  defaultValue: 0
  minValue: -100
  maxValue: 100
  description: A boolean-type runtime parameter with a default value of 0, a minimum value of -100, and a maximum value of 100.

- fieldName: runtime_parameter_for_credentials
  type: credential
  allowEmpty: false
  description: A runtime parameter containing a dictionary of credentials. 

credentialランタイムパラメータータイプは、DataRobot REST APIで使用可能な任意のcredentialType値をサポートします。 以下の例に示すように、含まれる資格情報はcredentialTypeに依存します。

備考

サポートされている資格情報タイプの詳細については、 資格情報のAPIリファレンスドキュメントを参照してください。

Credential Type Example
basic
basic:
  credentialType: basic
  description: string
  name: string
  password: string
  user: string
        
azure
azure:
  credentialType: azure
  description: string
  name: string
  azureConnectionString: string
        
gcp
gcp:
  credentialType: gcp
  description: string
  name: string
  gcpKey: string
        
s3
s3:
  credentialType: s3
  description: string
  name: string
  awsAccessKeyId: string
  awsSecretAccessKey: string
  awsSessionToken: string
        
api_token
api_token:
  credentialType: api_token
  apiToken: string
  name: string
        

更新しました May 16, 2024