Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AIカタログ

AIカタログとは、データおよび関連アセットを操作するために一元化されたコラボレーションハブです。 It enables seamlessly finding, sharing, tagging, and reusing data, helping to speed time to production. カタログによって、ビジネスの問題に対処するために必要なデータに容易にアクセスできると同時に、セキュリティ、コンプライアンス、および一貫性が保証されます。

The AI Catalog is comprised of three key functions:

  • Ingest: Data is imported into DataRobot and sanitized for use throughout the platform.
  • Storage: Reusable data assets are stored, accessed, and shared—allowing you to share data without sharing projects, decreasing risks and costs around data duplication.
  • Data Preparation: Clean, blend, transform, and enrich your data by leveraging SQL scripts for pinpointed results.

The catalog also supports data security and governance, which reduces friction and speeds up model adoption, through selective addition to the catalog, role-based sharing, and an audit trail.

トピック 内容...
データセットのインポート
データのインポートとプロジェクトの作成 AIカタログにデータをインポートして、そこからDataRobotプロジェクトを作成します。
カタログアセットの操作
カタログアセットの操作 アセットの詳細の表示と修正、スナップショットの作成、およびデータエントリーからのプロジェクトの作成を行います。
カタログアセットの管理 データアセットを共有、削除、およびダウンロードします。
データスナップショットのスケジュール AIカタログでデータスナップショットのスケジュールを設定して、データセットとそのデータソースとの同期を維持します。
データの準備
SparkSQLでのデータの準備 AIカタログ内でSpark SQLクエリーデータセットを使用して、データセットを強化、変換、成形、および組み合わせます。

セルフマネージドAIプラットフォーム:Elasticsearch

セルフマネージドAIプラットフォームユーザーについて、DataRobotは、検索一致、関連性、およびランク付けを大幅に改善するためにElasticsearchを有効にすることを推奨します。 Elasticsearchの設定とデプロイに関しては、DataRobotの担当者にお問い合わせください。


更新しました February 6, 2024