Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

予測方法とファイルサイズ制限

DataRobotは、DataRobot UIやAPIを含むさまざまな予測の作成方法(Python、R、REST)をサポートしています。使用する予測方法は、予測データのサイズ、デプロイ前にモデルを検証しているのか、本番環境で使用して監視しているのか、すぐに低レイテンシー予測が必要なのか、またはバッチ予測ジョブをスケジュールしたいのかによって異なります。次の表に、各方法の詳細とそのファイルサイズ制限を示します。

備考

予測ファイルサイズ制限は、オンプレミスインストールの場合は異なり、制限は設定可能です。

予測方法

予測方法 詳細 ファイルサイズ制限
リーダーボード予測(UIとAPI) UIを使用してデプロイされていないモデルで予測を行うには、リーダーボードでモデルを展開し、予測 > 予測を実施を選択します。ローカルファイル、URL、データソース、AIカタログから予測をアップロードします。モデリング予測API(「V2予測API」とも呼ばれる)を使用して予測をアップロードすることもできます。このAPIを使用して、小さなデータセットでモデリングワーカーによって予測をテストします。予測は、料金プランに応じて、ユーザー1人100リクエスト(1時間あたり)に制限できます。 1GB
デプロイ予測(UI) UIを使用してデプロイ済みのモデルで予測を行うには、[デプロイ]を選択して、デプロイを選択し、予測を選択します(MLOpsユーザーのみ)。 10GB
バッチ予測API バッチ予測APIは、高スループットに最適化され、本番グレード接続オプションが含まれています。この本番グレード接続オプションによって、APIを通してデータをプッシュするだけでなく、AIカタログ、クラウドストレージ、データベース、またはデータウェアハウス(MLOpsが必要)に接続できます。 無制限
予測API(リアルタイム) デプロイ済みのモデルでリアル予測を行うには、予測APIを使用します。 50 MB

更新しました February 22, 2022
Back to top