Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデリング

モデリングセクションは、モデリングプロセスを容易にナビゲートするために役立つ情報が記載されています。モデリングは、データがロード変換特徴量探索分析された後に開始されます。

ワークフローの概要

UIベースのワークフローの概要:AutoMLは、データ取込みからモデルデプロイまでのステップの簡単な概要を示します。詳細については、各ステップから完全なドキュメントにリンクしています。

モデルの構築

トピック 説明...
高度なオプション 構築する前に、高度なモデリングパラメーターを設定します。
モデルの構築 基本的なモデリングワークフローの要素。
プロジェクトの管理 モデルとプロジェクトを管理し、データをエクスポートします。

モデルインサイト(リーダーボードタブ)

トピック 説明...
評価タブ モデルの有効性を判断および解釈するために必要となる主要なプロットと統計を表示します。
解釈タブ モデルの予測を推進するものについて説明します。
説明タブ モデルの構築情報と特徴量の詳細を表示します。
予測タブ UIまたはAPIを使用してDataRobotで予測を行います。
コンプライアンスタブ 規制の検証用に使用できるモデル開発ドキュメントをコンパイルします。
コメントタブ コメントを追加したり、AIカタログ内のアイテムに関するディスカッションを主催したりできます。
バイアスと公平性タブ モデルに偏りがあるかどうか、そしてモデルがトレーニングデータから偏りを学習している理由を特定します。
その他のモデルのタブ プロジェクト全体のモデルの比較。

特殊なワークフロー

トピック 説明...
日付/時刻パーティション 時間関連の(時系列ではなく)データでモデルを構築します。
教師なし学習 ラベルなしの、または部分的にラベル付きのデータを操作し、データセットの異常を検出します。
Visual Artificial Intelligence (AI) イメージベースのデータセットを使用します。
Location AI 地理空間データセットを使用します。

時系列モデリング

トピック 説明...
ワークフローの概要 基本的な時系列モデリングワークフローです。
日付/時刻パーティション 時間関連データを使用してモデルを構築します。
時系列モデリング 時系列予測モデルを構築します。
複数系列モデリング 入力特徴量の一般的なセットに基づいて、複数の時系列を含むデータセットでモデルを構築します。
ナウキャスティング 過去と現在に基づいてターゲットの現在値を予測します。
外部予測の比較 DataRobotの予測に対する比較のベースラインとして、DataRobot以外のモデルにより作成された予測の出力を使用します。
モデリングデータセット 特徴量派生プロセスの結果であるモデリングデータセットです。
時系列リファレンス DataRobot時系列モデリングに関する詳細な参考資料を提供します。

ビジネスオペレーション

トピック 説明...
AIアプリビルダー コードなしのインターフェイスを使用してAI搭載アプリケーションを構築および設定します。
AIアプリケーション(非推奨) DataRobotでモデルを構築したりパフォーマンスを評価したりすることなく、コアサービスを有効にします。
パートナーアプリケーション パートナー統合向けに開発されたDataRobotアプリケーション。
ユースケース追跡 期待されるモデルの価値を定義し、実際のモデルの価値をリアルタイムで追跡することによって成功を測定します。

モデリングリファレンス

トピック 説明...
データと共有 パーティショニング、特徴量の派生、および役割の共有。
モデリングの詳細 リーダーボードおよびモデル構築を推進するプロセス。
Eureqaモデルの高度なチューニング 構築ブロックを変更し、ターチューニングを設定し、ターゲット式をカスタマイズし、その他のモデルパラメーターを変更することで、Eureqaモデルをチューム化します。

更新しました March 7, 2022
Back to top