Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

速度と精度の比較

予測精度を高めると、しばしば予測実行時間が長くなります。速度対精度分析プロットは、予測実行時間と予測精度のトレードオフを示し、オーバーヘッドの最も低いモデルを選択するのに役立ちます。速度対精度は、現在選択されている指標を使用した検定スコアに基づいて表示されます。

  • Y軸は、リーダーボード上で現在選択されている指標を一覧表示します。指標を変更するには、リーダーボードに切り替え、指標ドロップダウンから指標を選択した後に速度対精度に戻ります。

  • X軸には、予測を1000回行う際の推定時間がミリ秒単位で表示されます。合計予測時間にはさまざまな要因が含まれ、実装によって異なります。グラフ上の任意ポイントまたは右側の凡例内のモデル名にマウスオーバーすると推定時間およびスコアが表示されます。

ヒント

交差検定スコアでソートするなどして、リーダーボードの表示を並べ替えると、速度対精度グラフには、検定スコアに基づく上位10個のモデルがプロットされます。


更新しました February 22, 2022
Back to top