Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Location AI

DataRobot Location AIは、AutoMLワークフロー全体で地理空間分析のサポートを追加します。これらのツールと手法は、以下の方法でユーザーがモデリングワークフローを改善するのに役立ちます。

  • 一般的な地理空間形式をネイティブに取り込む
  • 非空間形式の地理空間座標を自動的に認識する
  • 探索的空間データ分析(ESDA)の許可
  • 空間的に明示的なモデリングタスクによるモデルブループリントの強化
  • モデリング前後のインタラクティブマップを使用した地理空間データの視覚化
  • モデルの空間パターンのインサイトの取得

DataRobotの一般的なAutoML予測モデリングワークフローは、探索的データ解析(EDA)の実行、予測するターゲット特徴量の選択、パフォーマンス指標の選択、ドメインをモデル化するアルゴリズムの選択で構成されます。DataRobotのLocation AIは、そのワークフローを拡張して、広範囲の地理空間問題をキャプチャします。これらのセクションでは、以下の内容について説明します。

トピック 説明...
データ取込み 地理空間データのソースを操作します。
ESDA DataRobot環境内で探索的空間データ解析(ESDA)を実行します。
モデリング 従来の特徴量エンジニアリングを拡張し、モデルオプションを改善します。
位置ごとの精度 視覚化を通じてモデルの忠実度を評価します。


更新しました February 22, 2022
Back to top