Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AWS S3

パブリックプレビュー

パフォーマンスが向上し、さらに多くの機能をサポートするネイティブS3コネクターは、デフォルトでオンになっています。

機能フラグ: S3コネクターを有効にする

サポート対象の認証

  • AWS認証情報aws_access_key_idaws_secret_access_keyを使った長期的な認証情報
  • AWS一時認証情報aws_access_key_idaws_secret_access_keyaws_session_tokenを使った短期的な認証情報

前提条件

DataRobotでAWS S3に接続するには、以下が必要です。

  • AWS S3アカウント

セルフマネージドAIプラットフォームのインストール

セルフマネージドAIプラットフォームをご利用の場合、管理者がネイティブS3コネクターを追加する必要があります。

必須パラメーター

以下の表は、AWS S3との接続を確立するために最低限必要なフィールドの一覧です。

必須フィールド 説明 ドキュメンテーション
bucketName AWS S3のデータを保存するコンテナ。 AWSドキュメント

高度なオプションを表示bucketRegionを指定できますが、このパラメーターは必須ではありません。

機能に関する注意事項

  • このコネクターは以下をサポート_していません_。

    • 特徴量探索プロジェクト
    • ワークベンチでのデータラングリング
    • ワークベンチのユースケースに動的データセットを追加する
  • このコネクターは以下をサポート_しています_。

    • セキュアな構成を使ってAWS認証情報を作成・共有する
    • 単一のParquetファイル、フォルダー内でパーティション分割されたParquetファイル、圧縮されたParquetファイルなど、Parquetファイルを取り込む

更新しました February 6, 2024
Back to top