Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデル情報

モデル情報を表示するには、リーダーボードリスト内のモデルをクリックしてから、モデル情報をクリックします。このタブには、モデルの概略およびパフォーマンス情報をレポートするタイルがあります。

時系列プロジェクトの場合、出力にはバックテスト情報(各バックテストの実行時間など)も含まれます。

バックテストのサマリーは、完全な日付範囲に対するパーティショニングを示しています。

  • モデルをトレーニングする日付範囲(青色)
  • 検定(緑色)およびホールドアウト(赤色)パーティション
  • 設定されたギャップ(黄色)

トレーニング期間は、リーダーボードのモデルの横にあるプラス記号をクリックして変更できます。

モデルが指定された開始日と終了日を使用する場合は、次の点に注意してください。

  • 検定セットとホールドアウトセットに関するインサイトは、モデルがそれらのセットにトレーニングされていない場合にのみ利用できます(データがアウトオブサンプルの場合)。
  • モデルのアウトオブサンプルの いずれかの パーティションが残っている場合は、そのパーティションに関するインサイトが提供されます。
  • モデルのトレーニング期間中にパーティションの全部または一部が含まれている場合、そのパーティションに関するインサイトは提供 されません

モデルファイルサイズ

モデルファイルサイズは、モデルデータを保存するのにDataRobotが使用するキャッシュファイルの合計をレポートします。これは内部ストレージメカニズムから生成され、システムのフットプリントを示し、オンプレミスデプロイで特に有用です。

予測時間

データセットの1000行をスコアリングする際の予測時間(秒)が表示されます。

サンプルサイズ

サンプルサイズは、モデルのトレーニングおよび検定に使用された観測値の数をレポートします(該当する場合、交差検定反復もレポートされます)。スマートダウンサンプリングが有効である場合、またはDataRobotでプロジェクトがダウンサンプリングされた場合、サンプルサイズは、モデルのトレーニングに使用された行の総数ではなく、マイノリティークラスに含まれる行の数をレポートします。


更新しました February 22, 2022
Back to top