Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

包括的オートパイロット

精度よりも速度を優先するモデルを構築する場合、これは一般的な決定です。 ユースケースに対応する最も精度の高いモデルを見つけるためにより多くの時間を費やす場合、DataRobotは包括的オートパイロットモデリングモードを提供します。 このモデルは、最大のオートパイロットサンプルサイズですべてのレポジトリモデリングブループリントを実行します。 これは、モデルの精度を高めるために行われます。 ただし、構築時間が長くなります。

備考

If your dataset has text, Comprehensive mode runs TinyBERT models, which can be 10x to 100x slower than other models with the same data.

包括的オートパイロット

まだモデリングプロセスを開始しておらず、可能な限りモデルの精度を高めることを優先したい場合は、開始画面から包括的モードを選択します。

備考

時系列プロジェクトまたは異常検知プロジェクトでは包括的オートパイロットは実行できないことに注意してください。

精度の向上

モデリングプロセスの実行を完了した後、より正確なモデルを見つける必要がある場合は、オートパイロットを再度実行して、精度を優先しながら追加のモデルを構築できます。

初期モデリングが完了したら、リーダーボードに移動します。 ワーカーキューで、精度の向上オプションを選択して、新しい設定でモデリングプロセスを再実行します。 オートパイロットを再実行する前にこれらの設定を構成するには、モデリングの設定をするを選択します。

精度を高める ボタンの下には、新しいモデリングで推奨されるモデリングモードと特徴量セットが表示されます。 上記の例では、最初の実行は手動モードで行われたので、精度を高めるオプションを選択すると、クイックモードでの新しいモデリングの実行が推奨されます。 以下の表は、初期のモデリングプロセスで使用されたモードに基づいて提案されたモデリングモードを示します。

初期モデリングモード 推奨されるモデリングモード
手動 クイック
クイック オートパイロット
オートパイロット 包括的
包括的 包括的なオートパイロットの後、精度を高めるオプションを使用すると、現時点よりも高いレベルのオートパイロットは使用できないので、推奨されるモデリング設定が表示されます。

推奨されるモデリングモードと特徴量セットを使用する場合は、精度を高めるをクリックします。 新しいモデリング実行を開始する前にこれらの設定またはその他のモデリング設定を変更する場合は、モデリング設定の構成を選択します。

モーダルでは、モデリング設定を構成するように求められます。

  • モデリングモードの選択:オートパイロット、クイック、または包括的)を選択します。

  • モデリングに使用する特徴量セットを選択します。

  • 選択した特徴量リストを使用して既にオートパイロットを実行している場合、オートパイロットを再実行する前に、以前に作成したモデルを削除できることを確認するプロンプトが表示されます。

  • 自動化設定を決定します(スコアリングコードをサポートするブループリントのみを含める、トップモデルからアンサンブルを作成する、デプロイ用のモデルを推奨するなど)。

設定したら、実行をクリックしてモデリングプロセスを再度開始します。

モデリングが完了した後、以前に選択したものよりもさらに広範囲のモデリングモードを追加で実行することができます。 精度を高めるオプションのモデリングモードが更新され、詳細なモードが推奨されます。


更新しました December 21, 2022
Back to top