Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムアプリケーションの管理

以下の表は、アプリワークショップの要素と実行可能なアクションについて説明したものです。

  要素 説明
1 アプリケーション名 アプリケーション名。
2 開く クリックしてアプリケーションを開きます。
3 アクションメニュー アプリケーションを共有、制御、または削除します。

アプリケーションの共有

共有機能は権限を管理し、ユーザー、グループ、組織、およびDataRobot以外の受信者とアプリケーションを共有できます。 この機能は、アプリケーションを作成するための専門知識のないユーザーに既存のアプリケーションの使用を許可する場合などに便利です。

注意

複数のユーザーが同じアプリケーションにアクセスできる場合、各ユーザーは、別のユーザーが行った変更や予測を表示、編集、上書きしたり、アップロードしたデータセットを見たりすることができます。 この動作は、カスタムアプリケーションの性質によって異なります。

アプリワークショップのアクションメニューから共有機能にアクセスできます。 共有したいアプリの横にあるメニューアイコン()をクリックし、共有)を選択します。

これにより共有ウィンドウが開き、ユーザーとその役割がリストされます。 エディターは、1つ以上のユーザーまたはグループ、組織全体でアプリケーションを共有できます。 さらに、共有リンクを使ってアプリケーションを外部と共有できます。

  1. 新しいユーザーを追加するには、次と共有:フィールドにそのユーザー名を入力します。

  2. ドロップダウンからロールを選択します。

  3. 通知を送信を選択してEメール通知を送信し、メモを追加を選択して通知に詳細を追加します。

  4. 共有をクリックします。

  1. 共有ウィンドウでグループまたは組織タブを選択します。

  2. 共有先フィールドにグループ名または組織名を入力します。

  3. 権限のロールを決めます。
  4. 共有をクリックします。 アプリが共有され、役割は指定されたグループまたは組織のすべてのメンバーに適用されます。

DataRobot以外のユーザーとカスタムアプリケーションを共有するには、外部共有を有効にするをオンに切り替えます。 トグルの下に表示されるリンクを使用すると、DataRobotにアクセスできないエンドユーザーとカスタムを共有できます。 そのリンクをエンドユーザーと共有する前に、アプリケーションへのアクセスを許可するEメールドメインとアドレスを指定する必要があります。 共有リンクへのアクセス権は、このリストの内容を変更するか、外部共有を有効にするの選択を解除することで取り消せます。 このアクセス権の取り消しが有効になるまでに最大30分かかる場合があります。

共有ダイアログでは、次のアクションも使用できます。

  • ユーザーを削除するには、削除するユーザーの役割の右側にある「X」ボタンをクリックします。
  • ユーザーの役割を再度割り当てるには、割り当てられた役割をクリックして、ドロップダウンから新しい役割を割り当てます。

アプリケーションの削除

適切な権限がある場合、メニュー()を開き、削除()をクリックしてアプリケーションを削除できます。


更新しました May 14, 2024