Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ガバナンスレンズ

ガバナンスレンズは、デプロイのソーシャルおよび運用に関する要素のサマリー(デプロイのオーナー、モデルが構築された方法、モデルが作成されてからの時間、信頼性の監視ステータスなど)を示します。 デプロイインベントリからガバナンスレンズを表示します。

次の表は、ガバナンスレンズで表示される情報を示します。

カテゴリー 説明
デプロイ名 作成時にデプロイに割り当てた名前、使用される予測サーバーのタイプ、およびプロジェクト名(DataRobotモデルのみ)。
構築環境 モデルが構築された環境。
オーナー 各デプロイのオーナー。 オーナーの完全なリストを表示するには、リストされている名前をクリックします。 ポップアップモーダルには、オーナーおよび関連付けられたEメールアドレスが表示されます。
モデル年齢 現在のモデルがデプロイされてからの時間。 この値は、モデルが置換されるたびにリセットされます。
信頼性の監視 各デプロイの予測注意のステータスおよび信頼性ルール
公平性の監視 各デプロイの事前定義された公平性のしきい値を下回った場合に保護される特徴量の数に基づいた公平性のルールのステータス。
アクション 追加のモデル管理アクティビティメニュー(データの追加、モデルの置換、データドリフトの設定、およびデプロイの共有と削除を含む)。

構築環境

構築環境は、モデルが構築された環境を示します。

次の表は、モデルの各タイプのインベントリに表示される構築環境のタイプの詳細を示します。

デプロイ済みのモデル 利用可能な構築環境
DataRobotモデル DataRobot
カスタムモデル Python、R、Java、またはその他(指定されていない場合)。 カスタムモデルの場合、構築環境はモデルのプログラミング言語から派生します。
外部モデル DataRobot、Python、Java、R、またはその他(指定されていない場合)。 モデルレジストリから外部モデルの構築環境を指定します(モデルパッケージを作成するとき)。

信頼性の監視インジケーター

信頼性の監視列には、各デプロイに対して信頼性がどのように設定されているかを一目で把握できる情報が表示されます。 個々のモデルの詳細情報を表示する場合や、信頼性の監視を有効にする場合は、インベントリリストで目的のデプロイをクリックして信頼性タブに移動します。

この列は、2つの信頼性監視機能(予測注意および信頼性ルール)のステータスを示しています。

デプロイインベントリに表示される各信頼性機能の色インジケーターの意味を以下に示します。

ステータス
デプロイに対して有効化されています。
薄いグレー デプロイに対して無効化されています。
濃いグレー デプロイに対して使用できません。 信頼性の監視は、非時間認識の連続値モデルと、ホールドアウトデータを提供するカスタム連続値モデルでのみ使用できます。

公平性の監視インジケーター

公平性の列には、事前定義された公平性基準に基づいて各デプロイがどのように実行されているかが一目でわかるように表示されます。 個々のモデルの詳細情報を表示したり、公平性の監視を有効にするには、インベントリリストでデプロイをクリックして設定タブに移動します。

デプロイインベントリでは、カラーインジケーターを次のように解釈します。

ステータス
薄いグレー このデプロイで公平性の監視は設定されていません。
すべての保護された特徴量は、公平性のテストに合格しています。
ある保護された特徴量は、公平性のテストに不合格です。 デフォルトは1です。
1つ以上の保護された特徴量が、公平性のテストに不合格です。 デフォルトは2です。

公平性の監視ルールは、設定 > 監視で作成できます。 ルールが指定されていない場合、公平性の監視は、設定 > データで定義されたプライマリー公平性指標を使用し、デフォルト値は「注意」および「失敗」です。


更新しました December 21, 2022
Back to top