Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

外部モデルの登録

監視エージェントによって監視される外部モデルを登録するには、外部モデルを登録済みのモデルまたはバージョンとして追加します。

  1. モデルレジストリ > 登録済みのモデルページで、新規モデルを登録 > 外部モデルをクリックします。

  2. 新しい外部モデルを登録ダイアログボックスで、以下を設定します。

    フィールド 説明
    モデルのバージョン名 モデルバージョンとして登録されるモデルの名前。
    モデルバージョンの説明(任意) 登録済みモデルバージョンとして追加されるモデルを説明する情報。
    モデルの場所(オプション) DataRobotの外部で実行しているモデルの場所。 folder1/opt/model.tarなどのファイルパスの形式で場所を入力します。
    構築環境 モデルの構築に使用したプログラミング言語。
    トレーニングデータ(オプション) ローカルまたはAIカタログを介してアップロードされたトレーニングデータのファイル名。 別のファイルをアップロードして使用する場合は、選択をクリアをクリックします。
    ホールドアウトデータ(オプション) ローカルで、またはAIカタログを介してアップロードされるホールドアウトデータのファイル名。 ホールドアウトデータを使用して、精度ベースラインを設定し、ターゲットドリフトモデルとチャレンジャーモデルのサポートを有効にします。
    ターゲット モデルが予測するデータセットの列名。
    予測タイプ モデルが行っている予測のタイプ。 予測タイプに応じて、追加の設定を構成する必要があります。
    • 連続値:追加設定なし。
    • 二値:二値分類モデルの場合は、PositiveクラスNegativeクラスのラベル、および予測しきい値を入力します。
    • 多クラス:多クラス分類モデルでは、ターゲットのターゲットクラスを1行に1クラスずつ入力またはアップロード(.csv、.txt)します。 クラスがモデルの予測に正しく適用されるように、クラスの順序は、モデルが予測したクラスの確率と同じである必要があります。
    • 多ラベル:多ラベルモデルでは、ターゲットのターゲットラベルを1行に1ラベルずつ入力またはアップロード(.csv、.txt)します。 ラベルがモデルの予測に正しく適用されるように、ラベルの順序は、モデルが予測したラベルの確率と同じである必要があります。
    • テキスト生成プレミアム機能。 詳細については、 生成モデルの監視サポートを参照してください。
    予測列 予測結果を含むホールドアウトデータセット内の列の名前。

    時系列モデルを登録する場合は、これは時系列モデルですにチェックを入れてください。追加フィールドに入力する必要があります。

    フィールド 説明
    予測日の特徴量 予測ポイントとして使用できる日付の範囲(有効な予測範囲)を検出するためにDataRobotが使用する日付/時刻値を含むトレーニングデータセット内の列。
    日付/時刻形式 トレーニングデータセット内の日付/時刻特徴量によって使用される形式。
    予測ポイントの特徴量 予測が行われるポイントを含むトレーニングデータセット内の列。
    予測単位 時間ステップを構成する時間単位(秒、日、月など)。
    予測距離の特徴量 予測ウィンドウ内の一意の時間ステップ(相対位置)を含むトレーニングデータセット内の列。 時系列モデルは、予測距離ごとに1つの行を出力します。
    系列識別子(オプション。複数系列モデルに使用されます) 各行が属する系列を識別するトレーニングデータセット内の列。

    最後に、登録モデルの設定を行います。

    フィールド 説明
    モデルの登録 次のいずれかを選択:
    • 新規モデルの登録:登録済みのモデルを新規作成します。 これにより、最初のバージョン(V1)が作成されます。
    • 既存のモデルに新しいバージョンとして保存:既存の登録済みモデルのバージョンを作成します。 これにより、バージョン番号が増加し、登録済みモデルに新規バージョンが追加されます。
    登録モデルの名前/登録済みのモデル 次のいずれかを実行します。
    • 登録済みモデル名:新しい登録モデルに一意でわかりやすい名前を入力します。 組織内のどこかに存在する名前を選択すると、モデルの登録に失敗したという警告が表示されます。
    • 登録済みのモデル:新規バージョンを追加する既存の登録済みモデルを選択します。
    登録モデルのバージョン 自動的に割り当て済み。 作成するバージョンの予想バージョン番号(V1, V2, V3など)が表示されます。 新しいモデルを登録を選択すると、これは常にV1になります。
    オプション設定
    バージョン説明 このモデルパッケージが解決するビジネス上の問題、またはより一般的には、このバージョンで表されるモデルについて説明します。
    タグ + 項目を追加をクリックし、モデルバージョンにタグ付けする各キーと値のペアのキーを入力します。 タグは登録済みモデルには適用されず、その中のバージョンにのみ適用されます。 新規モデルの登録時に追加されたタグがV1に適用されます。
  3. 外部モデルのすべてのフィールドを定義したら、登録をクリックします。

精度ベースラインの設定

(デプロイ時にターゲットドリフトおよびチャレンジャーモデルを有効にする)外部モデルの精度ベースラインを設定するには、ホールドアウトデータを提供する必要があります。 モデルはアプリケーション外のリモート予測環境でホストされるため、DataRobotはモデルを使用しても、通常はベースラインとして機能する予測を生成することができません。 外部モデルパッケージを登録するときにホールドアウトデータを提供し、予測を含む列を指定します。


更新しました February 6, 2024
Back to top