Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

リーダーボードからのスコアリングコードのダウンロード

DataRobotプラットフォームの外部で使用するために、モデルのスコアリングコードは、コンパイル済みのJARファイル(すべての依存関係を含む)としてダウンロードできます。 このトピックでは、リーダーボードからスコアリングコードをダウンロードする方法について説明します。 または、デプロイからダウンロードすることもできます。

リーダーボードのダウンロード

本機能の提供について

リーダーボードからモデルのスコアリングコードをダウンロードできるかどうかは、組織のMLOps設定によって異なります。

AutoMLを使用してモデルを作成し、スコアリングコードをダウンロードする場合は、リーダーボードから直接ダウンロードできます。

  1. リーダーボードでモデルに移動し、予測 > ポータブル予測タブ、スコアリングコードの順に選択します。 以下に説明するフィールドに入力します。

    要素 説明
    1 スコアリングコード DataRobotモデルを含むJavaパッケージを提供。 ポータブル予測法の下で、スコアリングコードを選択します。 または、ポータブル予測サーバーを選択して、REST APIベースの予測サーバーを設定します。
    2 プログラミング言語 スコアリングコードを呼び出す場所を選択します:Python APIJava API、またはコマンドラインインターフェイス(CLI)。 場所を選択すると、下に表示されているスニペット例が対応する言語に更新されます。
    3 予測の説明を含める スコアリングコードを使用して、予測の説明を計算するコードを含めます。 これにより、コマンドラインオプションを追加して、スコアリングコードから予測の説明を取得できます。--with-explanations。 詳細については、コマンドラインでのスコアリングを参照してください。
    4 予測間隔を含める(時系列) スコアリングコードを使用して、予測の説明を計算するコードを含めます。 これにより、コマンドラインオプション--interval_length=<integer value from 1 to 99>を追加することで、スコアリングコードから予測間隔(1から99)を取得できます。 詳細については、コマンドラインでのスコアリングを参照してください。
    5 準備とダウンロード/ソースコードとして準備およびダウンロード
    • 準備とダウンロード:スコアリングコードをJavaパッケージとしてダウンロード。 これらのパッケージにはコンパイルされたJava実行可能ファイルがあり、すべての依存関係を含み、予測を行うことができます。
    • ソースコードとして準備およびダウンロード:Javaソースコードファイルをダウンロード。 これらは非難読化バージョンのモデルです。これらのモデルコンパイルされておらず、依存パッケージが含まれていないので、モデルのスコアリングには使用できません。 ソースファイルを使用して、モデルの意思決定プロセスを確認できます。 このオプションは、監視エージェントと予測の説明が有効になっていない場合にのみ使用できます。
    6 選択されたコーディング言語を使用してスコアリングコードを呼び出すコード例を提供します。
    7 クリップボードにコピー スコアリングコードの例をクリップボードにコピーして、IDEやコマンドラインに貼り付けられるようにします。

    ヒント

    DataRobot予測ライブラリにアクセスし、Python APIを介してスコアリングコードやDataRobotがサポートするその他の予測方法を使用して予測を行うことができます。 ライブラリは予測を行うための共通のインターフェイスを提供するので、ベースとなる実装を簡単に交換できます。

  2. 設定が完了したら、準備とダウンロードをクリックしてJavaパッケージをダウンロード、またはソースコードとして準備およびダウンロードをクリックしてソースコードファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了すると、ダウンロードがダウンロードバーに表示されます。

  3. タブで提供されるスニペットを使用して、スコアリングコードを呼び出します。


更新しました February 20, 2024
Back to top