Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

デプロイからのスコアリングコードのダウンロード

本機能の提供について

スコアリングコードをダウンロードするデプロイの動作は、組織のMLOps設定によって異なります。

DataRobotプラットフォームの外部で使用するために、モデルのスコアリングコードは、コンパイル済みのJARファイル(すべての依存関係を含む)としてダウンロードできます。 このトピックでは、デプロイからスコアリングコードをダウンロードする方法について説明します。 または、リーダーボードからダウンロードすることもできます。

デプロイのダウンロード

外部予測サーバーにデプロイされたスコアリングコード対応モデルについては、デプロイインベントリ内のデプロイのアクションメニューや、 デプロイの予測 > ポータブル予測タブから、スコアリングコードをダウンロードできます。 DataRobotの予測環境にデプロイされたスコアリングコード対応モデルについては、デプロイインベントリからのみスコアリングコードをダウンロードできます。

  1. デプロイインベントリに移動し、次のいずれかの手順を実行します。

    • デプロイを開いて、予測 > ポータブル予測タブに移動し、スコアリングコードをクリックします。

      備考

      ポータブル予測タブは、外部環境にデプロイされたモデルでのみ利用できます。 モデルをDataRobotの環境にデプロイした場合は、デプロイインベントリへのスコアリングコードのダウンロード方法を使用します。

    • デプロイのアクションメニューを開き、スコアリングコードを取得するをクリックします。

      スコアリングコードをダウンロードするダイアログが開きます。

  2. ポータブル予測タブの以下のフィールドに入力します(またはスコアリングコードをダウンロードするダイアログ)。

    要素 説明
    1 スコアリングコード DataRobotモデルを含むJavaパッケージを提供。 ポータブル予測法の下で、スコアリングコードを選択します。 または、ポータブル予測サーバーを選択して、REST APIベースの予測サーバーを設定します。
    2 プログラミング言語 スコアリングコードを呼び出す場所を選択します:Python APIJava API、またはコマンドラインインターフェイス(CLI)。 場所を選択すると、下に表示されているスニペット例が対応する言語に更新されます。
    3 監視エージェントを含める スコアリングコードでMLOpsエージェントをダウンロード。
    4 Include Prediction Explanations / Include Prediction Intervals (for time series) Depending on the model type, enable either of the following prediction options:
    • Includes code to calculate Prediction Explanations with your Scoring Code. これにより、コマンドラインオプションを追加して、スコアリングコードから予測の説明を取得できます。--with-explanations。 See Scoring at the command line for more information.
    • For time series deployments, Includes code to calculate Prediction Intervals with your Scoring Code. これにより、コマンドラインオプション--interval_length=<integer value from 1 to 99>を追加することで、スコアリングコードから予測間隔(1から99)を取得できます。 See Scoring at the command line for more information.
    5 シークレットを表示 Displays any secrets hidden by * in the code snippet. Revealing the secrets in a code snippet can provide a convenient way to retrieve your API key or datarobot-key; however, these secrets are hidden by default for security reasons, so ensure that you handle them carefully.
    6 準備とダウンロード/ソースコードとして準備およびダウンロード Depending on the options selected above, select either of the following download methods:
    • Prepare and download: Downloads the Scoring Code as a Java package. これらのパッケージにはコンパイルされたJava実行可能ファイルがあり、すべての依存関係を含み、予測を行うことができます。
    • ソースコードとして準備およびダウンロード:Javaソースコードファイルをダウンロード。 これらは非難読化バージョンのモデルです。これらのモデルコンパイルされておらず、依存パッケージが含まれていないので、モデルのスコアリングには使用できません。 ソースファイルを使用して、モデルの意思決定プロセスを確認できます。 このオプションは、監視エージェントと予測の説明が有効になっていない場合にのみ使用できます。
    7 選択されたコーディング言語を使用してスコアリングコードを呼び出すコード例を提供します。
    8 クリップボードにコピー スコアリングコードの例をクリップボードにコピーして、IDEやコマンドラインに貼り付けられるようにします。

    ヒント

    DataRobot予測ライブラリを利用すると、DataRobotがサポートするさまざまな予測方法を用いた予測をPython APIで行うことができます。 ライブラリは予測を行うための共通のインターフェイスを提供するので、ベースとなる実装を簡単に交換できます。 ライブラリには、スコアリングコードJARファイルが必要であることに注意してください。

  3. 設定が完了したら、準備とダウンロードをクリックしてJavaパッケージをダウンロード、またはソースコードとして準備およびダウンロードをクリックしてソースコードファイルをダウンロードします。

    注意

    5.0の料金プランを使用していないユーザーがスコアリングコードのダウンロードを選択する場合、デプロイは永続的になり、削除できません。 注意メッセージが表示され、この条件を受け入れるように求められます。 トグルで理解したことを示し、その後準備とダウンロードをクリックしてJavaパッケージをダウンロード、またはソースコードとして準備およびダウンロードをクリックしてソースコードファイルをダウンロードします。

  4. スコアリングコードのダウンロードが完了したら、タブで提供されるスニペットを使用して、スコアリングコードを呼び出します。

    たとえば、MLOpsエージェントtarballドキュメントをリファレンスします。これは、開発者ツールページからダウンロードできます。 モニタリングスニペットを使用してMLOpsエージェントと連携することも可能です。


更新しました February 20, 2024