Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムモデルアセンブリ

DataRobotでは数百個の組み込みモデルが提供されますが、現在、初期状態でサポートされていない事前処理またはモデリング方法が必要です。 カスタム推論モデルを作成するには、選択した環境言語に対応するファイル拡張子を持つシリアル化されたモデルアーティファクトと、そのモデルを使用するために必要な追加のカスタムコードを提供する必要があります。

カスタムモデルと環境をDataRobotに追加する前に、モデルと環境を正常に実行するために必要なファイルを準備して構造化する必要があります。 カスタムモデルの準備に必要なツールとテンプレートは、カスタムモデルGitHubリポジトリで用意されています。 (このリンクをクリックする前にGitHubにログインしてください。)DataRobotでは、カスタムモデルワークショップにアップロードするカスタムモデルを準備するために、以下の要件を理解することをお勧めします。

トピック 説明
カスタムモデルコンポーネント カスタム推論モデルの実行に必要なコンポーネントを識別する方法。
構造化カスタムモデルをアセンブル DataRobotと互換性のある構造化カスタムモデルをアセンブルして検証する方法。
非構造化カスタムモデルをアセンブル DataRobotと互換性のある非構造化カスタムモデルをアセンブルして検証する方法。
DRUM CLIツール DataRobotにアップロードする前に、DataRobotユーザーモデル(DRUM)をダウンロードしてインストールし、ローカルでカスタムモデルとカスタム環境を操作してテストする方法。
ローカルでのカスタムモデルのテスト DataRobot Model Runner(DRUM)ツールを使用してローカル環境でカスタム推論モデルをテストする方法。
カスタムモデルのためのGitHub Actions カスタムモデルアクションは、GitHub CI/CDワークフローを介してDataRobotでのカスタム推論モデルとデプロイを管理します。

更新しました June 28, 2023