Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

モデルレジストリ

モデルレジストリは、DataRobotで使用されるさまざまなモデルの組織的なハブです。 モデルは、デプロイ可能なモデルパッケージとして登録されます。登録には、使用可能な各パッケージがリストされています。 各パッケージは、そのモデルのソースに関係なく同じように機能します。 In the Model Registry, you can generate model compliance documentation from model packages and deploy, share, or archive models. The Model Registry also contains the Custom Model Workshop, where you can create, deploy, and register custom models.

モデルパッケージの作成

Model packages (model artifacts with associated metadata) can be created manually or automatically, depending on the type of model. モデルパッケージは、モデルレジストリで作成および保存し、そこからデプロイおよび共有されます。 Model packages are available for any models created in AutoML and prepared for deployment.

モデルパッケージの手動作成

次のセクションでは、カスタム推論モデルおよび外部モデルのモデルパッケージを手動で作成するための必要な手順について説明します。 Custom inference models are created and tested in the Custom Model Workshop, and external models operate outside of DataRobot.

モデルパッケージの手動作成:

モデルパッケージの自動作成

次のセクションでは、新しいデプロイを追加するときに指定したカスタム推論モデルとモデルのモデルパッケージの自動作成をトリガーするために必要な手順について説明します。

モデルパッケージの自動作成:

  • Deploy a custom model
  • Create a deployment via the “Add deployment” action on the Deployments page

Deploy a custom model

カスタムモデルをデプロイするときは、DataRobotは自動的にモデルパッケージを作成します。モデルパッケージタブのモデルレジストリでアクセスできます。 作成するデプロイも、このモデルパッケージを使用します。

Deploy from the inventory

任意のタイプのモデルを使用して新しいデプロイを作成すると、DataRobotは、デプロイされるモデルのモデルパッケージを自動的に作成します。 これにはモデルパッケージタブの下にあるモデルレジストリでアクセスすることができます。


更新しました December 21, 2022
Back to top