Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムモデルワークショップ

カスタム推論モデルでは、独自のトレーニング済みモデルをDataRobotに取り込むことができます。モデルアーティファクトをアップロードすることによって、一元化されたデプロイハブでカスタム推論モデルを作成、テスト、およびデプロイできます。DataRobotは、Python、R、Javaを始めとするさまざまなコーディング言語で構築されたモデルをサポートします。

本機能の提供について

カスタムモデルワークショップは、DataRobot MLOps専用の機能です。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

DataRobotが管理する予測サーバーにデプロイされると、APIを介して予測を行い、一連の機能で自身のデプロイを監視することができます。

作業を進める前に、DataRobot は、ワークショップにカスタムモデルをアップロードするためのファイルの設定およびガイドラインを参照することを推奨しています。

DataRobotにカスタムモデルを追加する準備ができたら、以下の操作を行うことができます。


更新しました February 22, 2022
Back to top