Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

承認プロセス

本機能の提供について

モデルデプロイ承認ワークフローを使用できるのは、DataRobot MLOpsユーザーだけです。この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

デプロイイベントの承認ワークフローは、モデルデプロイ承認ワークフローが有効になっている場合にのみ表示されます。承認ワークフローが有効な場合、新しいデプロイを作成したとき、または既存のデプロイを変更したときに組織内のMLOps管理者が変更を承認する必要があります。

承認ポリシーはデプロイをレビューする権限を持つユーザーに影響し、レビューがタイムアウトしたときに自動アクションを提供します。承認ポリシーは、設定済みのポリシー(新規デプロイの作成、モデルの置換など)によってデプロイイベントが管理されているユーザーにも影響します。

続行する前に、デプロイ承認ワークフローの注意事項を確認してください。

デプロイの有用性レベル

モデルをデプロイする前に、有用性レベル(重要、高、中、または低)をモデルに割り当てるように要求されます。有用性は、組織に関連する要因(デプロイの予測量、エクスポージャーのレベル、潜在的なビジネスインパクトなど)の集合体を表します。

デプロイ作成の承認

デプロイが作成されると、デプロイのレビューが必要であることを通知するEメールがMLOps管理者に送信されます。レビューを待つ間、デプロイにはデプロイインベントリ内の「承認が必要」というフラグが設定されます。

「承認が必要」ステータスのデプロイでも予測を行うことはできますが、予測に使用する前にMLOps管理者に連絡することをお勧めします。デプロイが承認されると、インベントリのフラグが「承認済」に更新されます。さらに、デプロイが承認された後に行われた予測は、予測サーバーの応答メタデータで「承認済み」としてマークされます。

デプロイイベントの承認

デプロイのオーナーは、既存のデプロイを変更し、変更の理由を詳しく説明するコメントを含めることができます。また、変更リクエストが承認された後、手動または自動で変更を適用するかどうかを選択します。

変更リクエストが承認された場合、または変更が必要な場合は、常にEメールで通知されます。承認後、変更を適用できます。変更が自動に設定されている場合、変更は承認後にすぐに適用されます。

MLOps管理:デプロイ作成の承認

MLOps管理者は、組織内でデプロイを監視するユーザーにデプロイへのアクセスと制御を提供できます。管理者は、予測リクエストを行うデプロイを監視して、デプロイパフォーマンスの品質の確認、デバッグの支援、およびデプロイの使用とアクティビティのレポートを行うことがあります。

MLOps管理者によって割り当てられるデプロイ管理者の役割には、組織内のすべての既存のデプロイおよび新規作成されたデプロイに対するユーザーの役割が含まれています。管理者には、デプロイイベント(作成、モデルの置換、有用性の変更、削除など)を承認するための電子メール通知が送信されます。

備考

これらの包括的な権限はデプロイにのみ適用されます。

MLOps管理者としての主な役割は、組織内のデプロイイベントを確認および承認することです。組織内のユーザーがデプロイを作成すると、デプロイのレビューが必要であることを示すアラートEメールが送信されます。承認を必要とするデプロイにデプロイ管理者がアクセスすると、デプロイのレビュープロセスを開始するよう求める通知バナーが表示されます。レビューを追加を選択します。

デプロイの承認または更新を要求するためのダイアログボックスが表示されます。デプロイと(デプロイ作成者が選択した)その有用性を確認します。決定にコメントを含めます(オプション)。承認された場合、「デプロイ」タブのリストから「承認が必要です」フラグが削除されます。変更が要求された場合、フラグは変更が処理されてデプロイが承認されるまで残ります。

MLOps管理:既存のデプロイに対する変更の承認

MLOps管理者は、配置の作成をレビューすることに加えて、デプロイイベント(モデルの置換、有用性レベルの変更、デプロイの削除など)をレビューおよび承認します。承認が必要なこれらのトリガーイベントの電子メール通知が送信されます。変更を承認または要求すると、デプロイのオーナーにメールで通知が送信されます。

変更に対する承認が必要なデプロイにMLOps管理者がアクセスすると、デプロイレビュープロセスを開始するよう求める通知バナーが表示されます。概要タブ(ガバナンスヘッダーの下)でデプロイの変更履歴をレビューできます。ガバナンスヘッダーには、デプロイに加えられた変更の履歴(有用性レベル、行われた変更、変更したユーザー、レビューしたユーザーなど)の詳細が表示されます。

デプロイの変更を承認するには、通知バナーからレビューを追加を選択します(ガバナンスヘッダーからもアクセスできます)。

ダイアログボックスに変更のサマリーおよび変更を行ったデプロイオーナーのコメントが表示されます。目的の変更をレビューし、決定にコメントを含め、デプロイの承認または更新の要求を送信します。

レビューを送信した後、変更が承認されると通知バナーが更新されます。デプロイのオーナーが変更を手動で適用することを選択した場合、オーナーは変更を適用をクリックできます。

注意事項

  • デプロイオーナーはデプロイをMLOps管理者と共有して、ユーザーまたはオーナーの権限を付与できます。明示的に共有した場合、オーナー権限がデフォルトになります。

  • デフォルトで、MLOps管理者はユーザーレベルで「デプロイ」タブ内のデプロイを監視できますが、デプロイが明示的に共有されている場合を除き、デプロイ管理者はそのデプロイで予測を作成することはできません。


更新しました December 8, 2021
Back to top