Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AIアプリ

AIアプリでは、DataRobotでモデルの構築やパフォーマンス評価を行わなくても、ノーコードインターフェイスを使用してAI搭載アプリケーションを構築・設定し、DataRobotのコアサービスを利用することができます。 アプリケーションは簡単に共有でき、ユーザーはアプリケーションを使用するための完全なDataRobotライセンスの所有権を取得する必要はありません。 組織でのDataRobot機能の使用を拡大する、優れたソリューションが提供されます。

DataRobotノーコードAIアプリについて参照できるドキュメントは次のとおりです。

トピック 内容...
アプリケーションの作成 アプリケーションタブまたはデプロイインベントリからアプリケーションを作成します。
アプリケーションを管理 アプリケーションタブからアプリケーションを起動、共有、複製、または削除します。
アプリケーションの編集 アプリケーションウィジェット、ページ、設定などを設定します。
アプリケーションの使用 設定済みのアプリケーションを使用して、予測を行い、データからインサイトを解釈します。
時系列アプリケーション 予測ウィジェットで時系列アプリケーションを作成し、インサイトを消費します。

注意事項

アプリケーションをデプロイする前に、次の点に注意してください。

  • DataRobotアプリケーションでは、以下のプロジェクトタイプが_サポートされています_。

    • 二値分類
    • 連続値
    • 時系列
    • 地理空間
    • 多クラス
  • ノーコードAIアプリは、DataRobotによって生成された特徴量をサポートしていません。

  • べき乗(つまり、**)は、カスタム特徴量でサポートされている特徴量変換ではありません。

  • 共有リンクからアプリケーションにアクセスするユーザーは、以下の操作を行うことができません。

    • AIカタログのアセットからバッチ予測を行う
    • バッチ予測を送信して、時系列What-Ifアプリで予測またはシナリオを作成する
  • チャートウィジェットには、次の2種類のデータが表示されます。

    • 元のデータ(トレーニングデータセットファイル):チャートウィジェットは、アプリがAIカタログのプロジェクトから作成された場合にのみトレーニングデータを表示します。
    • 予測データ:アプリケーションで行われたすべての単一予測およびバッチ予測から予測されます。
  • リーダーボードモデルからアプリケーションを作成する場合、以下はサポートされていません。

    • リーダーボード上の時系列モデルからアプリケーションを作成することはできません。デプロイから作成する必要があります。
    • リーダーボードモデルから作成されたアプリを複製することはできません。
  • 組織は200件のアプリケーションに制限されています。 この制限を解除するには、DataRobotの担当者にお問い合わせください。

  • 読み取りアクセスのみを持つユーザーは、モデルの予測の説明を手動で計算する必要があります。 ユーザーがプロジェクトへのユーザーアクセス権を持っている場合、予測の説明は自動的に計算されます。
  • Optimizerアプリケーションで指定できる柔軟な特徴量の数に制限はありませんが、グリッド検索アルゴリズムが選択されている場合、グリッドに10000以上のポイントを含めることはできず、この制限を超えるとエラーメッセージが返されます。 3つ以上の特徴量を最適化する場合、DataRobotはグリッド検索の使用を推奨しません。

時系列アプリケーション

  • 時系列アプリケーションを作成する前に、以下のことを確認してください。

    • プロジェクトの時間単位がhoursdaysweeksmonthsquarteryearsのいずれかである。
    • 事前に既知(KA)がプロジェクト作成時に設定され、デプロイされたモデルでサポートされている。 ベースラインのみのモデルなど、一部のモデルでは、プロジェクトでそれらを使用するように設定されている場合でもKA特徴量はサポートされません。
    • プロジェクトがDataRobot予測サーバーにデプロイされている。
    • デプロイには関連IDがあり、適切なデプロイ設定が行われている
  • ウィジェットにカレンダーイベントを含めるには、プロジェクトにカレンダーファイルを追加し、トレーニングデータセットと予測ウィンドウのタイムラインのカレンダーイベントを含めます。

  • モデルが本番環境にデプロイされた後は、時系列の有益な特徴量 セットでモデルをトレーニングすることはできません。

更新しました February 6, 2024
Back to top