Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

AIカタログのインパクト分析

本機能の提供について

AI Catalog impact analysis is off by default. この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:AIカタログアイテムのインパクト分析を有効化する

AIカタログとは、データおよび関連アセットを操作するために一元化されたコラボレーションハブです。 Additionally, it provides at-a-glance details (metadata) about these assets.

パブリックプレビュー機能として利用可能で、アプリケーション内の他のエンティティが現在のアセットにどのように関連しているか、または依存しているかを示す追加の詳細を表示できます。 This is useful for a number of reasons, allowing you to:

  • 項目が使用されているプロジェクトの数に基づいて、その項目の人気度を表示できます。
  • 変更または削除を行った場合に影響を受ける可能性のある他のエンティティを把握できます。
  • エンティティがどのように使用されているかを把握できます。

必要に応じて、次のすべての関連付けが(頻度値とともに)報告されます。

  • プロジェクト
  • 予測データセット
  • 特徴量探索に関する設定
  • 時系列カレンダー
  • Spark SQLクエリー
  • 外部モデルパッケージ
  • デプロイの再トレーニング

詳細を表示するには、選択画面に関連するアセットのタイトルとタイルをクリックします。

サマリーの詳細のタイルをクリックしてから、特定の詳細に関連付けられたボタンをクリックしてください。 たとえば、プロジェクトをクリックしてサマリーを表示し、プロジェクトを開くをクリックして詳細を表示します。

この例では、開始画面が開くのは完了した最後のステップがEDA1の場合です。EDA2が完了している場合はデータページが開きます。

各タイルタイプでは、それぞれ異なる(自己説明的)詳細が表示されます。

アセットにアクセスする権限がない場合は、アセットを表すエントリを表示できますが、エントリは追加情報を開示しません。

この機能は、アセットのバージョン履歴タブからも利用できます。


更新しました December 21, 2022
Back to top