Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

時間認識プロジェクトで予測の説明を計算する

本機能の提供について

時間認識プロジェクトにおけるトレーニングデータでの予測の説明は、デフォルトではオフになっています。 この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

機能フラグ:時間認識プロジェクトで、トレーニングデータを用いた予測の説明を有効にする

パブリックプレビュー版の機能です。時系列およびOTVプロジェクトで予測の説明を計算できます。 具体的には、トレーニングデータのホールドアウトパーティションおよびセクションでXEMPベースの予測の説明を取得できます。 DataRobotは、トレーニングデータのバックテスト1の検定パーティションに対してのみ予測の説明を計算します。

予測の説明を取得する

以下の手順では、時間認識プロジェクトで予測の説明タブを使用する際の一般的な概要を説明します。

  1. 説明が必要なモデルをリーダーボードから選択します。 次に、解釈 > 予測の説明タブに移動します。

  1. モデルに対して特徴量のインパクトがまだ計算されていない場合は、特徴量のインパクトを有効化ボタンをクリックします。 予測の説明タブまたは 特徴量のインパクトタブのいずれかから影響を計算でき、計算結果を共有します。

  2. 計算が完了するとデフォルト値(下記参照)を使用して予測の説明プレビューが表示されます。

    コンポーネント 説明
    1 入力の計算 各レコードに対して返す説明の数を設定し、選択に低および/または高範囲を適用するかどうかを切り替えます。
    2 しきい値の変更 予測の選択の低および高検定スコアを設定します。
    3 予測の説明のプレビュー 入力およびしきい値設定に基づいて、検定データからの説明のプレビューを表示します。
    4 計算機 選択した条件を使用して、選択された予測および完全な予測セットの説明の計算を開始します。
  3. 必要に応じて、計算入力しきい値を変更してプレビューを更新します。

  4. 電卓アイコン()を選択し、新しい値を使ったいずれかのデータセットで予測説明の計算を開始します。

    同じモデルを使用して、すべてのデータセット(トレーニング、検定、テスト、予測)にデフォルトまたはユーザー指定のベースラインしきい値が適用されます。 ベースラインを変更した場合、プレビューを更新して、更新したデータセットの予想の説明を再計算する必要があります。

  5. 計算が完了したら、結果をダウンロードし、更新された表示を見て、XEMPベースの予測の説明を解釈します。


更新しました February 20, 2024
Back to top