Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

ノートブックを追加

ノートブックをワークベンチからユースケースに追加するには、まずユースケースを選択してそこに移動します。

ノートブックを作成

DataRobot全体でノートブックの作成および管理ができます。 まずは、ノートブックを作成します。

  1. 新規追加 > ノートブックを追加をクリックします。

  2. ノートブックを作成すると、ノートブック編集インターフェイスが表示されます。

    要素 説明
    1 ノートブック名 ページの上部とダッシュボードに表示されるノートブックの名前です。 Click on the pencil icon to rename it.
    2 サイドバー ノートブック設定および追加のノートブック機能を設定するオプションをホストします。
    3 セル ノートブックの本体であり、ここで完全な構文ハイライトを使用してコードの記述および編集をする(コードセル)か、またはここに説明テキストと手続きテキスト(マークダウンセル)が含まれます。
    4 メニューバー ノートブック環境のステータス、表示オプション、ノートブック管理オプション、およびノートブックを実行するためのボタンを提供します。

    ノートブック設定セルアクションの詳細については、DataRobotのドキュメントを参照してください。

ノートブックをインポート

既存のJupyterノートブック(.ipynb形式)をDataRobotにインポートするには、新規追加 > ノートブックをアップロードをクリックします。

URLを指定するか、ローカルファイルを選択してノートブックをアップロードします。 URLを使用する場合は、認証によってブロックされないパブリックURLである必要があります。 アップロードされると、ノートブックは、既に作成済のものと一緒にダッシュボードに表示されます。

ノートブックをエクスポート

If you have a notebook that you would like to export, you can do so by downloading it as an .ipynb file. Select the actions menu inside the notebook and then click Download.


更新しました December 12, 2023