Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタム環境を追加します

本機能の提供について

Custom execution environment management in NextGen is on by default.

Feature flag: Enable Custom Execution Environments NextGen UI

カスタム環境を作成するには、.tar.tar.gz、または.zip形式の圧縮フォルダーをアップロードする必要があります。 作業を続ける前に、カスタム環境フォルダーの準備に関するガイドラインを確認してください。 ドロップイン環境は、スコアリングコードとstart_server.shファイルを環境フォルダーに追加することによって作成することもできます。

Environment and version limits

Next to the + Add environment and the + Add version buttons, there is a User-created environments badge indicating how many environments (or environment versions) you've added and how many environments (or environment versions) you can add in total. 適切な権限があれば、管理者はこれらの上限数を ユーザーまたは グループレベルで設定できます。 このバッジには、次のステータスカテゴリーがあります。

Environment and version limits

Next to the + Add environment and the + Add version buttons, there is a User-created environments badge indicating how many environments (or environment versions) you've added and how many environments (or environment versions) you can add in total. 適切な権限があれば、管理者はこれらの上限数を ユーザーグループまたは 組織レベルで設定できます。 このバッジには、次のステータスカテゴリーがあります。

レジストリに移動し、環境タブを選択します。 + 環境を追加をクリックして環境の詳細を設定し、ワークショップに追加します。

+ 環境を追加ダイアログボックスで、次のフィールドに入力します。

フィールド 説明
環境ファイル
コンテキストファイル The archive containing a Dockerfile and any other files needed to build the environment image. This file is not required if you supply a pre-built image.
Prebuilt image (任意 + プレミアム機能)Dockerのsaveコマンドでtarballとして保存された構築済みの環境イメージ。
設定
名前 環境の名前。
サポート The DataRobot artifact types supported by the environment: Models and Jobs, Applications, and Notebooks.
プログラミング言語 環境が作られた言語。
説明 カスタム環境に関するオプションの説明。

Premium feature: Prebuilt images

Prebuilt image upload is a premium feature. この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

すべてのフィールドに入力して環境を追加をクリックします。 The custom environment is ready for use.

After you upload an environment, it is only available to you unless you share it with other individuals. 既存の環境に変更を加える場合は、新しいバージョンを作成します。

環境バージョンの追加

Troubleshoot or update a custom environment by adding a new version of it to the environment workshop. レジストリに移動し、環境タブを選択します。 Click a custom environment, then + Add version to configure the environment details and add it to the workshop.

In the Add environment version panel, provide the following:

フィールド 説明
環境ファイル
コンテキストファイル The archive containing a Dockerfile and any other files needed to build the environment image. This file is not required if you supply a pre-built image.
Prebuilt image (任意 + プレミアム機能)Dockerのsaveコマンドでtarballとして保存された構築済みの環境イメージ。
設定
説明 (Optional) A description of the custom environment version.

Premium feature: Prebuilt images

Prebuilt image upload is a premium feature. この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

All past environment versions are saved, providing an accessible history of the custom environment.

デフォルトでは、モデルのバージョンを作成するとき、選択された実行環境が変更されない場合、その実行環境のバージョンは、より新しい環境のバージョンが利用可能であっても、以前のカスタムモデルのバージョンから維持されます。 カスタムモデルのバージョンが最新バージョンの実行環境を使用するようにする方法の詳細については、 基本実行環境の更新をトリガーするを参照してください。

基本実行環境の更新をトリガーする

新しい環境バージョンが使用可能であっても、実行環境バージョンがカスタムモデルバージョン間で保持される、実行環境バージョン選択のデフォルトの動作をオーバーライドするには、基本環境の設定を一時的に変更する必要があります。 これを行うには、別の基本環境設定を使用して新しいカスタムモデルバージョンを作成してから、目的の基本環境に切り替えて、新しいカスタムモデルバージョンを作成します。 この変更後、カスタムモデルの最新バージョンでは、実行環境の最新バージョンが使用されます。

環境情報の表示

各カスタム環境およびビルトイン環境用のさまざな情報が用意されています。 レジストリに移動し、環境タブを選択します。 Click a custom environment, and access the following tabs:

タブ 説明
概要 View environment information including:
  • ID (click to copy)
  • Language
  • Supports
  • Created by
View environment version information including:
  • Version ID (click to copy)
  • Description
  • Created
  • Image ID (click to copy)
  • Build Status
  • Content (click Download to download the context file or built image)
  • Logs (click View log to open the Execution environment version log dialog box)
デプロイ For environments supporting custom models and jobs, view any associated deployments.
Notebooks For environments supporting notebooks, view any associated notebooks.

Manage environments

You can manage custom environments from the actions menu in the environment list or panel. From the actions menu, you can Share custom environments with anyone in your organization or Delete the custom environment:

Implicit sharing of environments

An environment is not available in the registry for other users unless it was explicitly shared. しかし、それは、ユーザーがそのタスクを含むブループリントを使用することを制限するものではありません。 詳細については暗黙の共有の説明を参照してください。


更新しました July 10, 2024